nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

ヲタクに恋は難しい

ヲタクに恋は難しい
🌟アニメ🌟

2018年 11EP

その場で笑い、後からもジワジワ...とくる笑い😂


久しぶりに笑いのツボにガッツリとハマりました😂ビジュアルも私好みで観ない選択肢はなかった。


男子高校生の日常」を思い起こさせるジワリ感。
「ダンベル何キロ持てる?」や「ぐらんぶる」の要素も...。物語が酷似しているとかではなく「ノリ」とか「空気感」が私の中で同じジャンルに分類された😁


始めての視聴はワクワク感増し増しだしね😆面白かった~。気分を変えたかったので、まさにドンピシャでした😁オープニングが「🙄逃げ恥か⁉️」と軽快なノリで、軽いダンスなのが私でもコピれるお手軽さ。これは引きずります😆


★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

腐女子とゲームヲタクのラブコメなのですが...。奥が深い🤔のです。


桃瀬成海(ももせ なるみ)26歳は腐女子であることを周囲にひた隠しにしていた。だが、ちょっとしたことでバレてしまい、同じ会社の同僚であった彼氏にもフラレてしまう。居づらくなり退職を選んだ...。


成海は、今度こそ隠し通して新生活を満喫するべく転職初日を迎える。


清々しい朝
スッキリ目覚め...。


無情にも時計の針は出発予定時刻を過ぎていた😱まさかの本気ダッシュで電車に間に合った⁉️会社から一駅のリッチ条件は最有力だったことが証明される🤭


小柳花子(こやなぎ はなこ)27歳が会社を案内してくれるが、成海の脳内では「胸のデカイ格好いい女性」と変換されていた...。


そして二人の男性社員とすれ違うと...。


樺倉太郎(かばくら たろう)28歳、長身強面だが顔は好み←成海の脳内変換。


もう1人は...。

ん⁉️

二藤宏嵩(にふじ ひろたか)26歳😳成海の幼馴染みだった...。あろうことかヲタク用語を発し、成海は凍りつく...。


😱転職初日数分で成海のnewライフは打ち砕かれた...。


だが、ここでの会話から新展開が待っていた...。
なんと花子は、かなり名の知れた男性キャラのコスプレイヤーだった😍成海の同人誌のファンでもあり、お互いテンションが上がる。成海と花子=瞬時に心通わす!


その光景を見て安堵する宏崇。自分は最重度なゲームヲタクだとオープンにしているので、成海が秘密にしていると思わなかったのだ。


再開する前から成海を好きだった宏崇は、彼を欲しがる成海にヲタクに理解のある自分を売り込む。以外な申し出に戸惑いはしたが、交際してみることになる...。


ここまでのラブ進展は早いが「ヲタク あるある」が長きに展開されていく...。
ラブ要素は置き去りになっていくが、純愛枠で留まる。


3人の上司でもある樺倉が花子と約10年の交際していると成海が知ると、ほぼほぼ4人での行動になっていく。


(後追いでWikiから知ったのだが...高校の先輩だった樺倉と話たい...とアニメを見るようになり高3でコスプレデビューした花子。回想シーンでは短くなっていたのが残念。可愛い花ちゃんも見てみたかった😆)


成海は転職まもない事から多めに見られているが、他の3人は容姿端麗で仕事も出来る人種。ギャップ。これがまた😍良き。


樺倉&花子は大人カップルと思いきや、人前で小学生のような揚げ足取りをする。まるで好きな子と言い合いをするような...。🤭リアル感がでている可愛いシーンでもある。


お子さまカップルの成海&宏崇を見守るようにフォローする一面もあって、良き😍年齢的に目がいってしまうのかしら⁉️😑



ついつい見ちゃう系アニメ。コミックでも人気なのが頷けます🤗その場で笑った後から、もう一度笑いが込み上げてくる。楽しいアニメでした🎶

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

今日も拝読をありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★