nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

ゲーム・オブ・スローンズ (吹)🌟壮大な海外ドラマを視聴しました😵🌟「ひろゆき」さんが面白いと言っていたドラマで観てみました🤓

ゲーム・オブ・スローンズ
(吹替版)
🌟海外ドラマ

※検索もしてみましたが、主演が特定できませんでした🙇💦すみません。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

重厚感のある内門が上がり、通路の幅は馬が2頭横並びできる程。先頭はA男(髭の男)と後列にB男(貴族の男)、C男(小心者の男)がタイマツを持ち暗がりを照らす。3頭の馬に怯えた様子は無いものの3人には緊張が伺える。


外門を出ると辺りは一面の銀世界。眩しい程の真っ白な雪景色。粉雪が舞っているが馬の足元は、邪魔にはなっていない程度。自然に二方向に別れ辺りを警戒している。


C男が煙を見付け静かに馬を降りるとソッと近付く...。ほふく前進のように見渡せる位置から下を覗き込むと...😱なんともオゾマシイ光景が広がっていた。まるで🔯魔法陣のような儀式めいた形に各部位が置かれていた...息が止まりそうな程驚き仲間の元へ。


野人同士の揉め事だと軽視するB男に、壁に戻ろうと提案するA男が「野人を追跡し見付けた」命令は完了していると強調する。だが「死に様を聞かれるハズ」だから...と同じめに会うことを恐れる二人をB男は傲慢な物言いで黙らせC男に無理矢理案内させた。


到着すると不思議なことに何もなくなっていた...。周囲を探す為にC男が離れて行くと、A男が雪の中から何かを拾い上げた。その途端男の悲鳴が響き渡る...😱3頭の馬は走り去りC男が1人取り残された...振り向くと誰も居なかったハズの場所に少女が口から血を垂らし立っていた😱必死で逃げた先では...A男が目の前で何者かに首を切られる😱


どうやってその場をやり過ごしたのかは謎のまま、C男は緑の草原で鎧の騎士達に取り囲まれている。ウィンターフェル城に伝令が走り脱走者を捉えたと王エダードと奥方キャトリンに伝えられた。エダードは10歳の息子ブランも同行させ、少数の者達とC男の元へ向かった。


「誓約を破り脱走し壁に戻って警告をしなかった...だが、本当にホワイトウォーカーを見た。民に知らせ家族には勇敢だったが死んですまないと伝えて欲しい...」と、真っ直ぐエダードの目を見て語ったC男。だが誓約は絶対。エダードは躊躇無くC男の首目掛けて剣を振り下ろした。ブランも周囲の者達も目を剃らさず見届けた。古い伝統、刑の宣告者自ら剣を振るうべきだとエダードに教わる...。


城に戻る途中スターク家の領地内で、バラシオン家の紋章である牡鹿と壁のこちら側には生息するハズのないダイアウルフの亡骸を見付ける。側には仔が6匹。ダイアウルフはスターク家の紋章でもあり王子らと同じ数に運命と捉え、各々一匹ずつ世話をすることになる。


長男ロブはグレイウィンド
長女サンサはレディ
次女アリアはナイメリア
次男ブランはサマー
三男リコンはシャギードッグ

母違いの息子
ジョンはゴースト(アルビノ種)

ある日、このスターク家のエダードの元に七王国の王であるロバートが妻子を連れて訪れた事からスターク家に悲劇が降り注ぐ...。複雑に入り組んだ人間関係と愛憎模様は、完璧に理解するまでに時間が必要かもしれない。


まずエダードと国王ロバートは古い友人。
王妃サーセイとロバートは愛の無い結婚を継続中。
サーセイは王の護衛につく双子の弟ジェイミーと肉体関係を持ち、サーセイの子ども達はジェイミーの子である。
ジェイミーの弟ティリオンは小人でサーセイは嫌っている。
ロバートの弟レンリーはタイレル家のマージェリーと結婚。だが彼女の兄ロラスと男色関係にある。


次男ブランは現代でいうボルダリングに長けておりその日も高い場所を目刺していた。サーセイとジェイミーの秘め事を目撃し、更に二人に見付かってしまい、証拠隠滅に突き落とされてしまう。そのまま意識不明で寝たきりに...。ロバート一行が旅立つと暗殺者が送られたが、サマーが暗殺者を倒した。この事で母キャトリンは何かを感じとりエダードを追いかけてウィンターフェルを旅立つ。


エダードと外の女性との私生児であるジョンは落とし子と呼ばれキャトリンからは差別を受けていた。エダードを尊敬するが母の事を教えてくれない事に傷ついている。ゴーストと共にナイツウォッチに志願してウィンターフェルを出ていく。


海の向こう側では、ローバートが愛したエダードの妹を殺された恨みから追放したターガリエン家の生き残りヴィセーリスが王座を取り戻す画策の為に妹デナーリスとドスラク族の族長カール・ドロゴを結婚へさせる。


ウェスタロスの騎士ジョラー・モーモントはヴィセーリスとデナーリスに支えるようになる。焦りすぎたヴィセーリスはドロゴの怒りを買い命を落とすが、デナーリスは馴染む努力が実りドロゴの愛情を受ける。やがて子を宿すが怪しい術師によって子を殺されドロゴも安楽死させられてしまう。


火葬の際、ドロゴと共にデナーリスも火の中へ。結婚の義で貰った3つのドラゴンの卵も一緒に...すると彼女の身は孵化した3匹のドラゴンと共に無傷であった。この事で「ドラゴンの末裔」である事が周囲に証明され、デナーリスは何故あんなにも伝説のドラゴンの卵に興味をそそられたのか意味を知った。


★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

2ちゃんねるの創設者「ひろゆき」さんが動画配信の中で言っていたので興味を持った。2011年4月に始まり現在season9、毎年放送...ならばレビューが低くてもハズレはない。海外ドラマに珍しく10EPと短く試し観には適している...と、視聴に至りました。


ロード・オブ・ザ・リング」か「ナルニア国物語」を連想していたら「サンクチュアリ」や「嘘食い」の要素も混じっていて...どこを切り取ったら表現できるか解らないほど画角は壮大で、多種多様な方面で生々しいシーンが盛りだくさん😵誰かと一緒に観ていたら恥ずかしいやら怖いやら...。とにかく忙しかった😂


🐰「ひろゆき」さんのように「面白かった」と言うにはオゾマシイ面が邪魔をする😱だけど常習性があって続きを観ずにはいられないドラマでした。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

このままseason2以降も平行して視聴して行くので、何処かのタイミングでもう一度ぐらい記事にするかもしれません。私にはハードルが高いか⁉️🙄(笑)


今日も拝読をありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★