nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

タンブリング1 🌟 舞台 2.5次元🌟大東俊介さんが主演、菅田将暉さん共演の舞台映像を鑑賞しました🤓

タンブリング1
🌟 舞台 2.5次元
🌟主演
🌟大東俊介
🌟菅田将暉

🌟2010年🌟145分

★出演者★
良知真次
中河内雅貴
相馬圭祐
タモト清嵐
細貝圭
荒木健太朗(studio Life
TETSU
 (Bugs Under Groove)
古川洋介
陳内将 ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

軽快なノリの良い音楽で数人のダンサーが、軽いステップで短いフォーメーションを舞台上で披露する。パフォーマンスが終わると見学していた金子敦(タモト清嵐)の元へ木山龍一郎(大東俊介)が合流した。久しぶりの再開だが、木山は相変わらず馬鹿力である。


烏森高校、男子新体操部の後輩達が大会ゲストに呼ばれたと聞き付けて応援に来た様子。2人とも非常に嬉しそうである。それもそのはず。初代メンバーの2人からすれば5年後の今、烏森高校は全国大会の常連にまで成長しているからだ。


喜ばしいと言えば木山が教職の道へ進んだ事。皆が信じられないと口を揃えるのは...。この木山、当時手のつけられない相当な悪だったからだ。一方金子の方は、烏森高校(男子新体操部)の臨時コーチに打ち込みすぎて⁉️就職先が決まらないとぼやいている。


プロを目指す参加者の多いフィスティバルとあって、なかなかのレベルのパフォーマンス見せる川本修(良知真次)土井亮(中河内雅貴)平野雄貴(菅田将暉)の3人。平野が転倒した途端、川本と土井が乱闘に...。


翌日。木山の赴任初日。昔の悪い頃の噂が先行していた。ヤンチャなクラスの担任になり、生徒の前で担当教科と自己紹介をする。同僚の教員達から落ちこぼれ扱いを受けていた生徒6人を、木山は烏森高校の金子の元へ連れていく。


男子新体操の演技を初めて目にしたであろう6人は。ピッタリと揃った華麗な演技を見学した。反応は⁉️凄さは伝わったものの、尻込みしている様子が伺える。不良の扱いを熟知している木山の口車に、6人ともマンマと乗せられた。


唯一校庭の使用が可能な時間帯は朝だけ!とあり、明朝の朝練を促し生徒達の後ろ姿を見送る。木山は金子と共に、当時の仲間の現在の様子を懐かしんだ。その後木山は、昨日の怪我で入院中という平野の病室へ。


高校のルールとして、単位の足りない生徒は...数日間補修授業を受けるか、部活動をするかの二択。結局皆、後者を選択する羽目になる。初日は2人...と、思いきや...影に4人。なんと6人全員が。しかも隣のクラスの帰国子女⁉️のおまけ付き。以外と素直な生徒達であった。


やる気になった生徒6人+マネージャーを連れて合同練習場へ向かう。烏森高校で金子からルールの説明を聞くが、最初からマトモに聞くはずもなく...。こうして前途多難な基礎訓練が始まった。


退院してきた平野が登校した。医師から完治は難しいと言われた事は胸に秘め。何も知らない部員達は盛り上がり、平野はどんどん孤立していく。ダンスチームを組んでいる川本までも、嬉しそうにタンブリングを語る。我慢の限界に達した平野は...。


これがきっかけとなり、生徒を始め木山にとっても試練が訪れる。苦悩から...その後へ。物語は大詰めに差し掛かっていく...。聞き覚えのある曲に合わせて烏森高校のタンブリングが緊張感を更に掻き立てる...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

2010年、今回の舞台はドラマから5年後の設定。2011年には10年後。2012年の舞台ではドラマ版の水沢拓(柳下大)が主人公となり、3年後の大学生時代の物語となる。検索では最終的に7作目まで舞台上映と、ある。


ドラマのタンブリングは、リアルタイムで視聴していたのだが、舞台化されていたのは知らなかった。そして、何より「舞台」を鑑賞した経験がなかった為、とても新鮮だった。


ラストのBGMが「図書館戦争」を連想させた。使われる音楽は、被るものなのでしょうか😆他にもあった気が...。そしてそして海流寺幸次郎役の【TETSU(Bugs Under Groove)】さんのキャラ立ちも見所の一部分だったのではないでしょうか...🤭


出演者も続編の度に、どんどん若手が入れ替わっていくみたいです。初めに2.5次元と聞き「テニスの王子さま」のようにミュージカル調なのかと思っていた。違いを極めるには経験を積む必要があるのかもしれない🤔舞台専門の俳優さんかな⁉️は所作が大きく、テレビドラマで見かける方は、細部の表情で演技されているような気がしました。※このように映像化されているので気になった事ですが...🤭


ドラマ版からの舞台続投でプレッシャーもあったかと思いますが、発声がしっかりしている大東駿介さん。舞台映えしていて魅力的でした😍個性的な主要キャラの印象が強かったドラマ版。抜けた穴を埋められるのか心配していましたが、余計なお世話でした。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

ちゃんと最後まで集中して鑑賞できたし、続編も気になります。後輩達の「舞台 タンブリング」いつか視聴の機会を作りたいと思います🥰テンション高めで失礼します😆


今日もありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★