nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

モテキ 💝✨🧐邦画を視聴🎥 俳優は森山未來さん、長澤まさみさん、麻生久美子さん。ほか...

モテキ
💝✨🧐邦画を視聴🎥
俳優は森山未來さん、長澤まさみさん、麻生久美子さん。ほか...

★2011年🌟118分

★共演者★
仲里依紗
真木よう子
リリー・フランキー
金子ノブアキ
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

偉大なる詩人の言葉...20代の恋は幻想である。30台の恋は浮気である...。それが確かなら、かつて自分に起こった29歳~30歳の人生における奇跡の数々はいったい⁉️...ふと1年前の自分を振り返る藤本幸世(森山未來)31歳。


話に聞く“モテキ”を体験した藤本は嵐の去った静けさの中、ボロボロになった空虚をどう埋めたら良いのか模索していた。女はプロで、男は素人である...と、有名な作家の言葉に当てはめ、自分の不甲斐なさを肯定しようとしていた。


ひとしきり捲し立てると...現実が見えた。履歴書を持ち込み面接に挑むが超絶早口。緊張のせいかと思いきや...。墨田卓也(リリー・フランキー)43歳。面接官は知り合いだった...。脇には唐木素子(真木よう子)33歳。が品定めしていた。


ツブヤキをチェックしながらの突っ込みにタジタジになる始末。矢継早の質問にはついていかれず、心の声は真っ黒に...。やっと絞り出した言葉に返ってきた言葉にノックアウト。


丁度その時、墨田の後ろで女性の悲鳴が上がった。刃物を持った女性が立っている...その後ろからも女性が...彼女たちの言葉から察するに墨田の元カノと今カノ。この状況を引き起こしたのは、今まさに話題の中心にあった「ツブヤキ」だ。


更に止まることを知らず次々に対象者が増えていく...初リアル修羅場。恐るべし墨田の体力😨クズっぷりを鑑賞していたら火の粉が...。気付いたら勝負Tシャツが自分の血に染まっていた...。


胸の刺し傷も回復し、3ヶ月後の藤本は墨田の元で働いている。当然の流れであるが、痛い思いは報われるのだろうか...。ニュースサイト「ナタリー」のライターとして働きだした。どこも人手不足なのか?これが当たり前なのか?右も左も解らず、教えもなく...ひたすら時間に追われる日々。


パットしない藤本らしからぬ雲行き⁉️何だか遣り甲斐を感じ始めた⁉️趣味が仕事になる喜びを実感し自己陶酔したり...。ロックフェスのカップルに心の中で毒吐きそうになったり「格好悪いふられ方」の曲が脳内に流れたり...。スタッフなのに写真を一枚も撮ってない事で頭下げまくったり...。全力で天国と地獄を体感し、やっぱり藤本は藤本だった...。


TM NETWORKの曲と共にセルフコントロール中にお知らせ音が...。表示しても初めてのリプライが嬉しかったくらいの感情。ふとしたやり取りが始まり、そのうちに飲みの誘いが来た。少しは社交性がついたな俺、程度で当日を迎える。早めに切り上げて漫画コース!を頭で描いていた。その姿を見るまでは...。


Twitterのアイコンと文面の表情から男だと思い込んでいた相手は...なんと女性だった。松尾みゆき(長澤まさみ)26歳でEYESCREAM誌の編集者。好みのタイプに加えサブカルトークも含めてガッチリ意気投合する。もう藤本の全身からロックオンが漂う。


っが、盛り上がって盛り上がって「遊んでる女」に着地。年上の交際相手がいると知り清々しく「お友だちコース」へ移行決定。みゆきが友人の彩海(山田真歩)を呼び終電を乗り過ごし藤本の部屋へ。始発が動き出し彩海は帰って行き、みゆきと2人きり...。


「Baby Crusing Love」の曲と共に藤本は街をミュージカルのステージに変える...的な⁉️Perfumeとコラボは幸せ度の証し⁉️脳内ステージの次は、ラインの弾むやり取りの後...連絡する...を飼い主を待つように。待ちわびる事25時間が過ぎた...。


状況整理が、いつの間にかリプライのサーフィンに...。動向チェックしている自分に気が付きエアーエレキギター開始。いい感じに崩壊したところで、今度はアイドルソングに背中を押され...「走れ!」のスイッチが入った瞬間唐木の飛び蹴りをくらう。


麻薬のように...弱っている時に聞くアイドルソングで、リアルでも気が大きくなっていた事に気付かされた。我に返り全スタッフに感謝したのだが、あることに気付く。何故みんなが知っている⁉️


久々に墨田が登場!印籠のように手に持つスマホに表示されているのは...。藤本のTwitterのパスワードが漏れ、ダイレクトメッセージに至るまでスタッフ全員がチェックしていると伝えられた。自分の知らない処で皆は仕事より盛り上がっていたと聞かされ呆然とする。


その後男性スタッフ総出で謝罪会を開き、飲んで和解は墨田の手腕なのか⁉️ただ...遺恨が残っていなさそうなのは救いだ。良い意味で可愛がられている証拠なのかもしれない。ここまで「未体験」で弄られてきた藤本に果たして春はくるのだろうか?皆が気になる...。


その時が来たー!自己完結恋愛パターンにはハマらないと意気込み...「よし!行ける!」からの転落は即崩壊に転じた「失格」の曲が脳内を占領し歌詞に流され車の前に...散乱した機械のパーツに、本体には自分の顔が...。現実と妄想の区別が付かず踞っていると...。


タクシーから墨田の声が...。行きつけの店に連れられ25歳の愛(仲里依紗)を前に見世物状態。気が付いたら愛の恋愛感を聞かされていた...。需要はあると元気付けられる😂1人カラオケ同士が偶然同じ店に...みゆきの33歳の友人、枡元るみ子(麻生久美子)と再開。


振り切ったカラオケで盛り上がり...思わぬ展開に...。念願叶ったのに...違和感が...何かが違ったのだ。妥協心がチラついていた頃、偶然取材先でみゆき&るみ子に遭遇。抱いた事のない感情が湧いた...。瞬殺で木っ端微塵になるとも知らずに...。藤本のラブストーリーは、どこに着地出来るのだろうか...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

青年漫画が原作で、まず12EPのドラマ化になる。そしてスタッフの強い思いが加わり、続編としてドラマの概要は残しつつも独立した映画になったという記事を目にした。


いきなり映画から視聴したので、この記事で映画のみを楽しむ事が出来た気がする。なので、今回は他の出演者や関係者を検索せずに集中して視聴してみた。


ただ...余談を1つだけ。映画をよく観ると言っていた志村けんさんが、この映画を観てPerfumeのファンになったらしい...。私もダンスシーンを観て胸が高鳴ったので、これだけは触れておこうと思います。


そして注目したいのは使用された楽曲の数々。勉強不足で、どこまでフレテ良いのか解らなかったので、興味を持たれた方は、検索してみてはいかがでしょうか🤓シーンにマッチした選曲でありながら、懐かしい曲ばかりでした🍀


配役と年齢をセットで記載したのは、中年の認識が濃い傾向にある30代~40代がメインに描かれた作品。を推してみようかとの思いからです。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

読んでくださってありがとうございました🍀✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★