nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

オンリー・ザ・ブレイブ(吹)⛰️🔥🧑‍🚒洋画を視聴🎦キャスト=出演者ジョシュ・ブローリン、マイルズ・テラー、ジェームズ・バッジ・デール。ほか...

オンリー・ザ・ブレイブ
(吹替版)
⛰️🔥🧑‍🚒洋画を視聴🎦
キャスト=出演者ジョシュ・ブローリンマイルズ・テラージェームズ・バッジ・デール。ほか...

★2017年🌟134分

★共演者★
ジェフ・ブリッジス
テイラー・キッチュ
ジェニファー・コネリー
アンディ・マクダウェル
ジェフ・スタルツ
アレックス・ラッセ
サッド・ラッキンビル
ベン・ハーディ
スコット・ヘイズ
ジェイク・ピッキング
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

はじめに...本作は...。
アメリカのアリゾナ州
「ヤーネルヒル火災」
2013年・巨大山火事に立ち向かった精鋭消防部隊

「グラナイト・マウンテン・ホットショット」の実話を映画化。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

アリゾナ州レスコット市、森林消防隊の指揮官であるエリック・マーシュ(ジョシュ・ブローリン)の元へ火災の一報が入る。連絡を受け、小物を一つ一つ確認しながら装備の荷を詰めていく。訓練で慣れている事とはいえ寝ぼけていては勤まらない。几帳面な性格なのかもしれないが、プロの自覚が感じられ安心できる。


身支度が整いキッチンへ行くと...妻、アマンダ・マーシュ(ジェニファー・コネリー)がシンク下の不具合箇所と格闘中。珈琲を準備していると、言い忘れていた言葉を引き出された。昨日の喧嘩の炎を鎮火させ、出掛けのキスを...。怒りのリセットは出掛けまでに済ませる事は重要だと、この夫婦は知っている。


気分良く車に乗り込み、音楽にのせてハイウェイを爆走。隊員を1人づつ拾い集めていく。通常の消防隊員とはスピード感が違う。


航空消防隊ヘリは近隣のプールなどから水を提供して貰い、吸い上げ現場へ向かう。森林消防隊から正確な位置の報告を受け、散水するのが一連の流れ。エリックは再び燃えだした国立森林公園の火と対話し、炎相手に腹の探り合いをする。


先を読んで各署と連携しチームプレーで鎮火していく。順序もあり頭脳戦も重要。天候、風の向き、火の勢いなど現場の側で観測を行い無線連絡も仕事の1つ。そして見張りは全隊員の命綱でもある。気を抜くと一瞬で火に飲み込まれてしまうからだ。


現場では、どの所属部隊も危険と隣合わせである事には変わりない。山火事が起こり現場の情報収集の役割を担っているようだ。だが肝心な決定権は「ホットショット」と呼ばれる専門の認可チームに委ねられている為、最前線で指令を待つもどかしさと二軍扱いに苛立ちも募る。


エリックのチームは「ホットショット」への承認を求めているが、中々審査に通過出来ないでいる。隊長のジェシー・スティード(ジェームズ・バッジ・デール)から隊員のうち2人引き抜きにあっていると報告を受けた。優秀な隊員ほど好条件を提示され引き留める術も無いのが現実。


一方、どこにでも居る普通の青年、ブレンダン・マクドナウ(マイルズ・テラー)は、何に文句があるのか⁉️「クズ」呼ばわりで店から追い出されるなど自堕落な生活を送っていた。肉体関係のあった女性が妊娠していると...他から聞き付け彼女に会いに行くが、追い返されてしまう。


既に妊娠5ヶ月。ブレンダンに知らせるつもりもなく、自分達家族で育てていくつもりだと言いきられるが、全く理解していなかった...。生活習慣を改める気もなく、窃盗罪で3日間拘束され保護観察がつく事に...。


アマンダの助言もあり森林消防隊の産みの親でもあるデュエイン・スタインブリンク(ジェフ・ブリッジス)に懇願するエリック。強気な態度が反感を招き悪循環だったのだが、心を入れ換えたような姿にデュエインの気持ちが動いた。早速作戦会議と称し晩餐にアマンダと共に招かれる。


相当、傍若無人な行いだったエリックのハードルは高い。認定、審査...根回しも必要。チームの長時間労働や不休などのアピールポイント。一心不乱に取り組む姿にアマンダは冷や水をさす...。夫婦の気持ちのすれ違いに種火がついてしまっている事をエリックには見えていなかった...。


その頃ブレンダンは保釈金を母親に頼み、支度金と共に実家を追い出されていた。そうこうしているうちにベビーが誕生し...。ミカエラをひと目見たブレンダンは決意し、就職の面接へ。それが隊員募集していたエリックのチームであった。


驚く事に森林火災と火災科学、救急救命士の資格を持っていた。保護観察中の身だという事までエリックへ正直に話し、精神、肉体、根性といった生き抜く術の素質をテストされ見事に採用を勝ち取る。


その日から、どんなにイジラレても訓練に励み、仕事終わりには差し入れをミカエラに届け続けた。仕事と子どもの父親の覚悟を体現していたのだ。そして...運命の日が訪れる...。ついに待ちに待っていた「ホットショット」への昇格が決まった🎊


ご褒美かのように...その日、初めてミカエラを抱かせて貰った🎀思いがけないサプライズに涙が出る...。隊員と、そのファミリーがバーベキューに集まると皆が喜び合い昇格を祝った。「グラナイト マウンテン」ホットショットの誕生!🎊家族にまでチームTシャツが配られた。


天敵との和解⁉️いつの間にか仲間意識も育ち、隊も1つになっていた。防火帯を掘り、木を伐採し、迎え火で火を包囲し封じ込める。火で火を制す。前例の無い市の自前ホットショット。市長公認の特殊部隊が始動!


山火事のシーズンが始まる前は、夏休みが終わってしまう子ども達と同じ気分に...。種火も揺れ始める。各々の家族の問題も露見してしまう。苦悩にあがいていても、山火事は休戦してはくれない...。ある火災が起き、「グラナイト マウンテン」にも召集が...。そこには未知の山火事が、魔物が息を潜めていた...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

山火事専門の部隊「ホットショット」の活動を中心に個々の人間模様が描かれている映画でした。家庭の問題事は、どんな職であっても起こる問題。夫婦の人生設計も多種多様化してきている中で、特殊な専門部隊での任務との両立は至難の技だ。


自然災害の前に人間の力が無力だと、解っているからこその備えと専門部隊。実話が元になっている分、存在が広く配信さえているハズ。共存に繋がり進化し続ける未来を信じ、殉職者のご冥福をお祈りいたします。出会えた事を誇りに思います...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

最後まで読んでくださって、ありがとうございました
🍀✨✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★