nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

ST赤と白の捜査ファイル 《ST警視庁科学特捜班》🔫🚔🎭ドラマスペシャル視聴📺️キャスト=藤原竜也さん、岡田将生さん。ほか...

ST赤と白の捜査ファイル
ST警視庁科学特捜班
🔫🚔🎭ドラマスペシャル視聴📺️
キャスト=藤原竜也さん、岡田将生さん。ほか...

★2013年🌟107分

★出演者★
志田未来
芦名星
窪田正孝
三宅弘城
柴本幸
田中哲司
林遣都
渡部篤郎
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
はじめに...
今クールの新ドラマで窪田正孝さんが主演の「ラジエーション・ハウス2」が放送になる事で、一挙視聴が可能になっているようです。木村拓哉さんの時と同じように、思惑に乗っかって満喫してしまおう!という訳です。どれからにしようか迷いましたが、「アンナチュラル」はもう一覧に記載済みなので、この作品に至りました🍀
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

赤城 左門(あかぎ さもん=藤原竜也)は、科学捜査官として特質した能力を発揮していたのだが...ある事件をきっかけにトラウマを抱え、酷い対人恐怖症に陥る。それでも能力を惜しまれ警視庁の科学特捜班=通称STの長として任命を受けていた。


だが、自宅から一歩も外に出れず、機材を持ち込み指示を出すスタイルで捜査に参加していた。そこの責任者に宛がわれたのがキャリア上がりの百合根 友久(ゆりね ともひさ=岡田将生)警部30歳。何でもメモを取り、理数系ではない為STメンバーについていけないところがある。


協調性が皆無な癖の強いメンバーが他に4人。5人を百合根が取りまとめなければならないのだが、中々思うようには進まない。四苦八苦しながらも捜査に携わり、時を重ねるうちにST愛が生まれる。初めのうちは意見や指示など完全無視。警視庁の内部でも...他の部署から総スカンをくらったり、STメンバーからも阻害され、乱雑な扱いを受けても食らいついていた。


「キャップ」と呼ばれ始める頃には、百合根の暑苦しいほどの愛もメンバーに浸透し始め徐々に信頼されるようになっていく。しかしキャリア組で捜査に関しての経験が浅く、叩き上げの捜査一課のベテラン刑事、菊川(田中哲司)は「警部殿」と称し未熟さを表現していた。それでも真っ直ぐな百合根を掘っとけない兄貴気性の菊川は、何だかんだと手を差し伸べる。


それは百合根に対してだけでなく...。特に青山の成長には大きく関わっていた。その姿は他のメンバーにも伝わり見守るシチュエーションへ。百合根は同期でありながら管理官の立ち位置にいる池田(林遣都)を羨ましく思うが、池田自身は菊川のベテランならではの配慮が学びとなる。


百合根目線では菊川の姿勢も勉強になるが、人を惹きつける才のある赤城に憧れに似た感情を抱く。それ故に真っ向から赤城にぶつかっていく事も目立つ。それが赤城の心を動かす事へと繋がる。百合根の本質をいち早く見抜いた三枝(渡部篤郎)の功績でもある。


赤城はSTの法医学担当。本編には詳細は語られないが医学部を卒業している。だが、対人恐怖症は医師として致命的な為、法医学の道へ。(付属情報として女性恐怖症でもある)「一匹狼」をトレードマークのようにしているが、実際には人が放ってかない魅力の持ち主で天性の何かを持ち、捜査の際にかいま見える。


百合根が信頼を得るまでは他4人の「リーダー」として絶対的存在感を放っていた。赤城の一番弟子のような存在の青山 翔(あおやま しょう=志田未来)文書・筆跡鑑定、ポリグラフ、プロファイリング等...から紐解いていく才能に特化している。秩序恐怖症を抱え整頓された場所を嫌う。散らかっていると落ち着き、集中力も高まる。本人の自己分析によると...過剰な潔癖症の現れらしく、百合根のメモ取りも同じく潔癖性が由縁と分析した。


黒崎 勇治(くろさき ゆうじ=窪田正孝)は化学に特化。人間ガスクロ(ガスクロマトグラフィー)嗅覚が異常に発達し動物的に匂いをかぎ分ける。知識も豊富であり、残り香で多種多様な判別も可能。緊張を表す匂いが察知出来、嘘が見抜ける。先端恐怖症を抱えており、人間の悪意からも察知し極端に無口になったという...。趣味が武道の鍛練で強さは尋常ではない。


山吹 才蔵(やまぶき さいぞう=三宅弘城)黒崎同様、化学に特化。毒の知識に長け調合に自身あり。続編で披露する機会が...。睡眠を取ると目が覚めない恐怖に襲われる為、警視庁に勤めながら本物の僧侶でもあり事件現場では、お経を読む。眠らなくて済む生活を好んで続けている。STの中では一番常人っぽく百合根をさりげな~くフォローしていた。


結城 翠(ゆうき みどり=芦名星)物理に特化。本作では聴覚が異常に発達しており「地獄耳」盗聴などに便利。心音を聞き分け、黒崎同様に嘘を見抜く事も出来る。また、絶対音感の持ち主でもあり、続編では捜査に貢献する場面もある。そして...三枝の後任と何らかの関係が...それは続編で明らかになる。閉所恐怖症を抱え潜水艦乗りの夢を断念し、常に開放的でなければならず移動や締め切った部屋での現場検証に困難を極める。


以上が5人の精鋭たち。百合根が配属になって初めての事件が...日本では前例のない初の無差別銃乱射事件が発生し、STに出動命令が下る...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

この単発スペシャルドラマの後に2014年の連続ドラマ化に続き「ST 赤と白の捜査ファイル」では、瀬戸朝香さんが加わり見せ場も広がる。その後2015年に劇場版として映画化される。


★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

今日も読んで下さってありがとうございました
🍀✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★