nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

ディープインパクト🚀🌠🌊外国映画視聴🎦キャスト=ロバート・デュヴァル、ティア・レオーニ、イライジャ・ウッド。ほか...

ディープインパクト
🚀🌠🌊外国映画視聴🎦
キャスト=ロバート・デュヴァルティア・レオーニイライジャ・ウッド。ほか...

★1998年🌟121分

★出演者★
🌟役柄
役者名(声優名)
🌟ベテラン宇宙飛行士
ロバート・デュヴァル
(坂口芳貞)

🌟テレビ局のキャスター
ティア・レオーニ
渡辺美佐

🌟彗星発見者の高校生
イライジャ・ウッド
石田彰

🌟ジェニーの母
ヴァネッサ・レッドグレーヴ
翠準子

🌟ジェニーの父
マクシミリアン・シェル
(益富信孝)

🌟アメリカ大統領
モーガン・フリーマン
(前田昌明)

🌟リオのガールフレンド
リーリー・ソビエスキー
小島幸子

🌟宇宙飛行士、船長
ロン・エルダード
森川智之

🌟女性操縦士、飛行士
メアリー・マコーマック
田中敦子

🌟航海士、黒人飛行士
ブレア・アンダーウッド
落合弘治

🌟医療士、宇宙飛行士
ジョン・ファヴロー
(荒川太郎)

🌟核専門、ロシア人飛行士
アレキサンダー・バルーエフ
麦人

🌟リオの父
リチャード・シフ
大川透

🌟リオの母
ベッツィ・ブラントリー

🌟サラの父
ゲイリー・ワーンツ
廣田行生

🌟サラの母
デニーズ・クロスビー
(鈴木紀子)
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
はじめに...
当時「アルマゲドン」「インデペンデンス・デイ」に並ぶ話題作だったのに視聴していない作品が目に入り視聴に至った...。「津波」に繋がる物語の為、この映画に関係がなくても「津波」による被害を受けた方や関係者の方の幸せを祈ります。
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
ミミ・レダーが監督を勤め、スティーヴン・スピルバーグが製作の総指揮を取ったパニック映画です。
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★


天文部所属の高校生が、ある日いつものように天体観測をしていると、彗星を発見したと興奮して彼女のサラ(リーリー・ソビエスキー小島幸子)に語っていた。彼の名はリオ・ビーダーマン(イライジャ・ウッド石田彰)その情報を天文台いるウルフ博士に伝える。


呑気な博士はピザを片手に計算すると...結果を見るなり険しい表情に変わる。彗星が地球に向かっていて、いずれ衝突するとでたのだ。結果を急いで連絡しようと試みたが電話は繋がらず、博士は情報を持って外へ飛び出した。だが車で移動中に不運が重なり、残念な事に事故で亡くなってしまう。


水面下で動いていたようで、公にはされておらず、そのまま1年が経過...。


キッカケとなったのは、テレビ局に勤めるハングリーなキャスターの執念。ジェニー(ティア・レオーニ
渡辺美佐)は上昇志向が強く、自身の売りになる特ダネを探していた。突然の元財務局長官が辞職のネタに飛び付き、タレコミから「エリー」という名の女性スキャンダルだと確信。本人の元へカメラマンと共に乗り込んだ。


アポ無しの突撃インタビューにカメラ有りの状況に難色を示されたが、歓迎されないのは慣れている。ただ発せられた言葉に違和感を感じながら局へ車を走らせていた。先入観から、その思考は有らぬ方向を向いていたので、結果的に遂行せずに済んで良かったのかもしれない。


遂行できなかったのは...。走行中に覆面車に挟まれ、体当たりにパニックなりながら停車させた。車を乗り換え、連行された先には大統領が...⁉️おそらく初めての経験であろう、この状態に「不倫隠しの思考」にしかならないとは...彼女の程度が分かる場面。


政府としては探りの段階であったが「彼女のような記者が知っている事」こそに、何より危機感を感じていた。怯まない姿勢を誇示したいジェニーは、記者会見での最初の質問券を条件とし、大統領の提案を守ると約束をした。その後2日間の約束通り沈黙を守り抜き、記者会見の当日になって指定席に案内される姿を上司や同僚は驚く。


記者会見では大統領(モーガン・フリーマン=前田昌明)が重大な発表を...。彗星が1年後に衝突する事。衝突回避の作戦「メサイヤ計画」の全容が発表され、モニターで視聴していたメディアも騒然となる。「エリー」とは女性の名ではなく「E.L.E.」(種の絶滅級の事象)だった。


ジェニーはメサイヤ計画の報道キャスターに抜擢されるが、情報を隠し持っていたとされ、社内ではイヤミを言われる事も...。アメリカとロシアの合同作戦で双方の国を代表した飛行士が選出される。核爆弾で彗星を爆破する計画で、ベテランと若手の飛行士同士の間には微妙なギャップが生まれていた...。


過酷な状況下での作業で、予想外のトラブルにより、クルーに死傷者が出てしまうが、かろうじて核爆発に成功。しかし大小分裂した彗星は軌道を外すには至らず、危機回避には失敗してしまった。更にメサイヤは地上との通信手段を失ってしまう。完全に孤立してしまったメサイヤの中では...。


政府は計画の失敗を確認し「ノアの方舟」地下居住施設を建設していることを公表。アメリカは100万人収容可能な巨大な地下施設を洞窟に建設していた。ここから悪夢のような人選が始まる...。このニュースを読み上げる事になったジェニーは途中言葉を詰まらせながらも読み上げる(自身の両親が年齢制限の対象外と知りながら読み上げたから...。)


つまり国民の大半は見捨てられたも同然だったのだ。彗星発見者として優遇されたリオは、家族と共にシェルター行きの権限を得た。結婚する事でサラと家族も対象になると聞き、結婚を急いだのだが...。送迎バスに乗り込む段階になって、サラ以外の家族は対象外だと判明。いきなり閉め出され安堵していた分、余計に憤慨するサラ一家。ギリギリの所でサラは両親と残る決断をし、リオとの今生の別れを選んだ。


ずっとサラと共に有ったリオは、地下シェルターの入り口で避難権利を放棄し、両親に別れを告げ、サラを探しに引き返す。そしてもう1人...。政府の計らいで避難者に選ばれたジェニーだったが...。


《避難権の抽選》では対象者は50歳未満と規定された。各々の生き方にも選択が迫られる。大渋滞の中逃げ延びる可能性が低くてもトライする者。最後の時を誰と過ごすか考える者。死を受け入れ終活をする者...ジェニーの母親は1人、生前整理を始めたと穏やかな表情で娘に話す。


ジェニーは避難権利を得ていたのが心苦しいと泣く事しか出来ない自分を嘆く。しかし...微笑みながら全ての現状を受け入れたと言っていた母は自ら生涯を終えてしまう。連絡を受け遺品を受け取った後、雨の中虚無感に襲われていると...母を捨て若い女と再婚した父が現れる。ジェニーは罵倒し聞く耳を持たなかったが...。


衝突までのカウントダウンが加速する。メサイヤの宇宙飛行士達の決断とは...。リオはサラを探し出す事が出来るのか⁉️その運命と明暗を分けたのは何⁉️命の終わりが見えた時、それぞれの選択した決断とは⁉️

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

あ😳この高校生男子って「ロード・オブ・ザ・リング」の人だー❗️と思ったら...「ディープインパクト」の方が3年前だった😆おまけにその9年前...「バック・トゥ・ザ・フューチャー 2」のビデオ少年Αが映画初出演っぽいです🤓なんだかテンションが上がります。


どうして今まで観なかったのだろう?🤔不思議。


この映画を面白かったと言うには「津波」の被災心が抵抗するので、映像の凄さと展開と切り替えのスイッチが絶妙で集中して視聴に至った事を前面に出したいと思いました。


この情報はいらないかもしれませんが、ピザがたべたくなりました😆

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

それでは、この辺で...。

🍀✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★