nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

すべてがFになる🩸🎓️⏳️日本ドラマ視聴📺️キャスト=武井咲さん、綾野剛さん。ほか...

すべてがFになる
🩸🎓️⏳️日本ドラマ視聴📺️
キャスト=武井咲さん、綾野剛さん。ほか...

★2014🌟10EP

★出演者★
役名(役者名)

西之園 萌絵
(武井咲:内田愛)

犀川 創平
(綾野剛)

国枝 桃子
(水沢エレナ)

喜多 北斗
(小澤征悦)

真賀田 四季・工学博士
真賀田 未来・四季の妹
ミチル・ロボット・声
(早見あかり)《三役》

鵜飼 大介
(戸次重幸)

西之園 捷輔
(吉田鋼太郎)

🌟ゲスト(1話~最終話)
市川由衣
平田満
戸塚純貴
真野響子
原田夏希
髙橋洋
藤吉久美子
山本耕史
加藤諒
臼田あさ美
城田優
鈴木一真
津村和幸
建部和美
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
原作者=森博嗣
ミステリー小説のテレビドラマ化。その他、アニメ、漫画(浅田寅ヲ氏の作画)KIDによるゲーム化にもなっている。


元々の構想は多少異なりタイトルも「すべてがFになる日」であった作品を、編集者と思案の結果、デビュー作用に「すべてがFになる」と題したという。
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

...サブタイトル...

★1話《前編》
冷たい密室と博士たち

★2話《後編》
冷たい密室と博士たち

★3話《前編》
封印再度

★4話《後編》
封印再度

★5話《前編》
すべてがFになる

★6話《後編》
すべてがFになる

★7話《前編》
数奇にして模型

★8話《後編》
数奇にして模型

★9話《前編》
有限と微小のパン

★最終話《後編》
有限と微小のパン

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
...物語は...
国立N大学で工学部の建築学科の学生である西之園萌絵(にしのその もえ=武井咲)の悲しい生い立ちと、彼女に引き寄せられた天才が死者の伴う事件に関係していくストーリーである。


目の前で両親を失った萌絵は心を遮断した。事故現場に共にいた犀川創平(さいかわ そうへい=綾野剛)の献身的な支えによって大学生生活を送れるまでになる。


犀川は国立N大学の工学部で建築学科の助教授であり、萌絵は何かにつけて研究室に入り浸る。いつの頃からか、慕っていた犀川に特別な感情を持つようになっていたのだ。ゼミの国枝 桃子(助教授)や2年生の浜中 深志らとは違った立ち位置で犀川と行動を共にする。


ある日、犀川の友人である神南大学工学部 土木工学科の喜多 北斗(准教授)の元を訪ねると、ある殺人事件に遭遇する。親しい類いの先輩も含まれるが、亡骸を前に不自然なほど冷静な萌絵がいた。異常な違和感は物語が進むにつれ明らかになっていく。


取り乱す事もなく、客観的に事件を推理していく姿は、何かが欠落しているよう。彼女の数学的な思考も優秀で圧倒されるのだか、犀川は更に上をいく。その姿に萌絵が魅了されている事は否めない。


そして、犀川と同じ人種だと誇示する真賀田研究所の真賀田 四季。彼女もまた天才的な頭脳の持ち主なのだが、過去に罪をおかし研究室で監視される生活を余儀なくされてきた。


この3人が各々接触した事と、あるタイムリミットの時限装置の作動によって、本当の意味での3人の時間が動き出す。難解な謎解きの先に閉ざされた扉が...。壮大な計画は人々を翻弄していく...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

視聴は4回目くらいでしょうか...。やっとシックリいった感じがします。色んな沢山の物語を視聴してきて、捉え方に変化があった事も感じました。


そしてトリックや細部の作り込みには拍手を...。それでもやはり、数々の奇っ怪な場面に同調は出来ない。という感想に至った。複雑な気持ちになりましたが、ひとまずはハッピーエンドに乾杯🍸️✨🍸️ということで...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

🍀✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★