nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

ミッション:インポッシブル /ゴースト・プロトコル (字)📱🕵️💣️外国映画を視聴🎦キャスト=トム・クルーズ、ジェレミー・レナー、サイモン・ペッグ。ほか...

ミッション:インポッシブル
/ゴースト・プロトコル
(字幕版)
📱🕵️💣️外国映画を視聴🎦
キャスト=トム・クルーズジェレミー・レナーサイモン・ペッグ。ほか...


★2011年🌟132分

★出演者★
🌟役名
役者名

🌟イーサン・ハント
トム・クルーズ

🌟ジェーン・カーター
ポーラ・パットン

🌟ベンジー・ダン
サイモン・ペッグ

🌟ウィリアム・ブラント
ジェレミー・レナー

🌟カート・ヘンドリクス
ミカエル・ニクヴィスト

🌟アナトリー・シディロフ
ウラジミール・マシコフ

🌟ウィストロム
サムリ・エーデルマン

🌟レオニド・ライセンカー
イワン・シュヴェドフ

🌟ブリッジ・ナス
アニル・カプール

🌟サビーヌ・モロー
レア・セドゥ

🌟トレヴァー・ハナウェイ
ジョシュ・ホロウェイ

ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

はじめに...

シリーズ4作目のこの映画。トム・クルーズの熱意が溢れちゃってる映画です✨😍✨年齢を全く感じさせないアクションや...年齢だからこそ!の細かい演技も見所。


そして濃い伏線もキッチリ回収され、監督の初陣作として丁寧に描かれています。そして間違いなく見せ場のひとつであろう...世界一と高さを誇る!800m越えアクションシーンでは...😱トム・クルーズの実践への拘りは果てしなく...挑戦が実に爽快です。


今回は共演に「スター・トレック」の《サイモン・ペッグ》に加え「アベンジャーズ」の《ジェレミー・レナー》が強力なアシストを繰り出しており...。続編よりも、やはり初登場のインパクトが光ります。


気になったら視聴!
ご覧あれ~😆
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

これまでの...

IMF=不可能作戦部隊)のエージェントであったイーサン・ハントは現役を引退し訓練教官へ...。職業は交通局の職員だと偽り、親族に秘密にして婚約者(ジュリア)と平穏に暮らしていた。ある日教え子の女性エージェント(リンジー)が監視任務中に拉致されたと聞き付け復帰に葛藤する。結局救出作戦に参加し...。


救出に成功はしたが、小型爆弾を頭の中に仕掛けられていた為、リンジーを死なせてしまう。遣りきれない思いを注ぎ、関係者を探しだし...。同時にイーサンは、リンジーから託されたファイルの詳細を知る。衝撃な事実に戸惑っていると...ジュリアを人質にとられてしまった。


交換条件を果たそうとした矢先に、新手に追い込まれる。絶体絶命の窮地に追い込まれるイーサン。天性の勘と閃き、そして助っ人3人の協力を得て宿敵を前にするが...。


二転三転と状況が転換し、最終的に究極の二者選択が医師の知識を持つジュリアに託される。「やるか」「やらないか」任務を終了し、皆の祝福を受けてハネムーンへ出掛ける2人は誰⁉️それは夢⁉️現実⁉️緊張感のボルテージはマックスに達する...。




★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

登場人物について...

🌟イーサン・ハント

IMF=不可能作戦部隊)ベテランの諜報員。一度は引退し訓練教官をしていたが、教え子救出任務に復帰し、ある問題に関わってしまう。復讐を遂げた事で投獄された。ロシアにとっての危機因子と、思い込んでる諜報員(アナトリー)から徹底的に追い回される。


★ジェーン・カーター

ヒロイン。過去の任務中にチームの一員を殺された事で(ザビーヌ)彼女を憎んでいた。ある取引にむけてイーサンを始め、チームで潜入し挑んだ作戦に失敗した後、逃げ出す彼女と激しく揉み合い...。


🌟ベンジー・ダン

内部の支援が担当であったが、試験を受けイーサンたちと共に現場に出る立場になる(ルーサーのポジションに入る)


★ウィリアム・ブラント

分析官であったが(IMF)が解体された後、イーサンたちと同行する。イーサンの愛妻(ジュリア)を護衛の身でありながら守りきれず...責任を感じつつもイーサンに言えないでいる。


🌟ハナウェイ

ブタペストでの任務に成功するが...メンバーとの合流地点で、敵に気付くのが遅れた事によって命を落とす。


IMF長官

友好勲章を授与の為にロシアにおり、イーサンに関わった事でロシア当局の銃撃を受け、殉職する。


🌟カート・ヘンドリクス
(コバルト)

スウェーデン人で母国の特殊部隊に所属していた。元はストックホルム大学の物理学教師であった。独自の論争者であり危険思想の持ち主故、画策の証拠隠滅をはかる。IMFに罪を擦り付け自らは新たな取引へ。


🌟レオニド・ライセンカー

暗号専門家のロシア人。セキュリティコードの為に翻弄される。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

物語は...


IMFのエージェントであるトレヴァーはブダペストで秘密ファイルを奪う任務に就いていた。コードネーム「コバルト」からは奪えたものの別組織の乱入の末、女殺し屋(サビーヌ)に殺されてしまう。


ファイルを奪われ窮地に追い込まれたIMFは事態を収拾する為に、服役中のイーサン・ハントをモスクワの刑務所から奪還するべく私的に動く。ハナウェイを亡くし復讐心を押し殺すジェーンと、試験に合格し現場に投入されたベンジーに脱獄の補佐をさせた。


IMFは手掛かりを探しクレムリンへの潜入を命じる。しかし既に目的の資料は奪われていた上に、真犯人は証拠の隠滅をはかり痕跡を消す大爆破を...。巻き込まれ病院で目を覚ましたイーサンはロシアの諜報員(アナトリー)に爆破テロの首謀者だと誤解される。


イーサンはその場から逃亡し、IMFに救助を求め姿を隠す。偶然、ロシアへ来ていたIMF長官と合流できたイーサンだったが、逆に長官から事態の深刻さを告げられる。新たな任務を言い渡される事に...返事をした直後に襲撃を受け、分析官のウィリアムとイーサンは脱出し長官は無念の殉職となる...。


イーサンの怒りは燃え盛り全てが動き出す。敵も見方も例外なく死闘を繰り返す事に...。その中で、仲間意識も育っていき...イーサンのチームとしての機能が動き始める。胸のわだかまりが取れた時、新たな未来が動き出すのかもしれない...。


その移り変わりは...。


直接視聴して体感してみて欲しいな...なんて思いました。ちょっと力が入りすぎて、纏まりが心配ではありますが...何気なく観始めた映画でしたが、何故だか達成感があります。何故でしょう⁉️(笑)🍀

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

テンポに圧倒され、気が付いたらエンディングでした😆アクションも程よく、ハラハラ感を味わえて迫力も充分。目を離す暇を与えてくれずトイレも我慢。一時停止に気付いた時にはラスト数分。✨😍✨夢中になっていたという事ですね(笑)

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

今日は、この変で...

  🍀✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★