nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

QUIZ💔📱👀日本ドラマ📺cast 財前直見さん主演。内藤剛さん・神木隆之介さん他…出演。

QUIZ

💔📱👀日本ドラマ📺

cast 財前直見さん主演。内藤剛さん・神木隆之介さん他…出演。

 

エンディング

🎤Kirari🎵

「Toy Soldiers」

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

原作は2007年・椙本孝思氏による小説THE QUIZ」で2012年に実写化。それ以降、何度か再放送され2022年5月から放送されているという。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

おおすじ

ある日、誘拐事件が発生した。閑静な住宅街には、ゆとりのある家族が目立つ。しかし何処も余裕がある家庭故の擦れ違い生活が隠されていた。

 

両親の顔色に敏感な年頃の少年少女たち。小さいながらも空気を察している。不安が織り交ざった複雑な環境に子ども達は下を向く…。

 

担当になった刑事は初動捜査も踏まえてセオリーを消化するが、正体がつかめない誘拐犯像に苛立ちを覚えながら、情けなくも後手にまわるばかり。

 

毎回メールで届くQUIZ(クイズ)、刑事たちをあざ笑うかのよう。巧妙なようで幼稚性も含まれた事件。全貌がなかなか見えてこない上、関係者の闇や犯罪がカモフラージュになってしまう。

 

過去に囚われている桐子カヲル(財前直見)も振り回されている1人。幼少期の体験から特殊な能力染みた力が生まれたらしく、事件のヒントを救い上げていく。

 

ハサミを手に持ちクルクルと回しながら思考を整理していく姿が特徴的。的中率の高さから、周囲も制止を躊躇する始末…。

 

しかしそんな彼女自身もまた、綱渡りのように精神がふら付いている。周囲の者が献身的に支えるが、いつ境界線を踏み越えてしまうか分からない危うさを持つ。

 

研ぎ澄まされた感覚から、仲間であり同僚の言動と謎解きを掛け合わせて、事件と背景を繋ぎ合わせていく。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

cast・紹介(抜粋)

※役名・俳優名

🌟桐子カヲル

 財前直見

🌟白砂竜太

 内藤剛志

🌟緒沢在昌

 生瀬勝久

🌟蓮見礼二 

 竜雷太

🌟後藤真希

 温水洋一

🌟安倍なつき 

 佐藤二朗

🌟中森あゆみ

 鈴木紗理奈

🌟高野舞

 森口瑤子

🌟高野生

 神木隆之介

🌟宮部夏彦

 羽場裕一

🌟柴崎真理

 浅香唯

🌟柴崎正宗

 光石研

🌟菅井恭子

 星野真里

🌟石原綾

 矢部美穂

🌟

 内山理名

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

サブタイトル・全11話

2000年・1話54分

Question1

史上最悪の誘拐犯てだあれ

Question2

絶対成功する身代金の奪い方は

Question3

あなたは絶対死なせない

Question4

公開捜査、1秒前

Question5

真犯人登場 便乗犯の死 

Question6

桐子、疑わしい過去

Question7

18年間の共犯者

Question8

第2の誘拐だーれだ!? 

Question9

ママの過去は風俗嬢 

Question10

まさかおまえが!

史上最悪の誘拐犯逮捕の日 

Question11Answer 

ぼくたちはここにいるよ 

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

「物語」

※「おおすじ」より少し詳しい内容

社会から隔離して自ら精神病院で暮らす桐子カヲル(財前直見御年32歳。双極性障害を指摘されるほど気性のふり幅がある。

 

双極性障害とは[躁病(そうびょう)][通常][抑うつ]を行き来する病相で、精神障害として躁うつ病(そううつびょう)と呼称される事もある。ほとんどの場合回復と再発を繰り返し、予防の為に安定薬が必要となるが個人差があり、生活習慣の改善をしながら生涯にわたってのつきあいになるという。

 

そんな彼女は警視庁刑事部捜査第一課SIT特殊犯担当警部。人の心が読めすぎてしまうと、妙な能力を持ち誘拐捜査の第一人者と言われている。

 

ある日…事件は閑静な住宅街で誘拐事件に始まる。桐子の能力をもってしても主導権は握れなかった。犯人からのコンタクトは、まるでからかっているかのような内容だった。

 

しかし巧妙に逃げきられる。何故かアンバランスな違和感を感じていた桐子。時間だけが過ぎていく。公開捜査・真犯人・便乗犯の死・桐子の過去と意外な接点が次々に表面化する。

 

桐子の言動は加害者と被害者に対して両極端の応対をみせた。狂気じみた行動をとる時には常時持ち歩いている理容ハサミを(鉛筆回しのように)回していたかと思えば、急に髪を切り出す。

 

突然笑うなどの怪奇的なトランス状態に陥る事もある。トラウマや常備薬の副作用なども含み自分を傷つけてしまう事さえあった。桐子は中盤で対照的な…嘘がつけないお人好しの刑事と時間を共有する事になる。

 

幻覚と現実の狭間に立ち一線を越えそうになる時、いつも同僚が踏み留まらせてくれた事に気付くまでは…勝手に孤独に酔っていた。桐子は事件を通して自らのリハビリをしていた事も後に理解する。

 

無線越しから始まった白砂(内藤剛志とのコンビプレイも安定してきた頃、事件は急速に展開していく。謎に包まれた管理官の蓮見(竜雷太桐子の関係は?

 

真犯人・別の事件の犯人・後から共犯になった者たち…家庭崩壊した白砂と闇を持つ桐子。皆、最悪の家庭環境だった。しかし境界線の一歩は非常に大きかった…。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

「まとめ」

時系列で言えば、今作の方が先に放送していますが…今クールの連続ドラマでの「マイファミリー」二宮和也主演)インビジブル高橋一生柴崎コウ主演)「パンドラの果実」ディーンフジオカ主演)が、良くも悪くも…どうしてもチラつきます。

 

オリジナルでは無いので原作を意識した場面が多く、ベテラン俳優が香辛料となっています。当然20年以上前の作品なので皆さん若いですが、上手い人は昔から上手い!😆

 

今作では、神木隆之介さんの少年時代。鈴木紗理奈さんの演技…他にも気になったところはありますが、財前直見さんが一番気になりました。この頃の他の作品も見たくなったので探してみようと思います。

 

そして…若手刑事・森村優作の携帯着メロが「太陽にほえろ」で、ベテラン刑事・蓮見の着メロが「First love」でニヤケました🥰これが分かる年代は限られるでしょうね😆

 

…という事で、この辺で失礼します。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

 

QUIZです。

あなたの一番大切なモノ

なぁ~んだ‼

 

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

ここまで読んで頂き

ありがとうございます。

  🍀✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟