nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

AWAKE 🎥日本映画☖👨‍💻💻 cast 吉沢亮さん主演。若葉竜也さん、落合モトキさん、寛一郎さん他…出演。

AWAKE

🎥日本映画☖👨‍💻💻

cast 吉沢亮さん主演。若葉竜也さん、落合モトキさん、寛一郎さん他…出演。

 

 

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

2020年・119分

AWAKE

Amazon prime videoより

 

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

「はじめに」

ミュージックビデオの演出を手掛けてきた山田篤宏氏は、今作が監督(及び脚本)としてデビュー作となり、オリジナルのシナリオであるという。

 

そして実在する将棋のソフトウェア「AWAKE」の開発者が携わるが、ほぼフィクションとして描かれている。故に一部架空の登場人物が演出された。

 

2015年。将棋のAIプロ棋士(人間棋士)が対戦するというイベントが開催された。「将棋電王戦FINAL」第5局を題材とし、注目の一戦を繰り広げる。非常に残念だと言う声の中、特に軽い扱いをしている訳ではないという事と、別の解釈を持たせたかったとされている。

 

・本編での電王戦に至っては、史実に展開を再現し21手で投了!となっている。

 

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

おおすじ

出会いは互いに小学生だった…。将棋棋士を目指し「プロ養成機関・奨励会」に集った夢見る少年たち。父に様子を聞かれた英一は、周囲よりも自分は強いみたいだと報告する。

 

しかし、数日のうち状況に変化が生じる。同年代の好敵手⁈大なり小なり比較の対象となってしまう。劣等感を抱き虚勢を張ってみたものの…プロ棋士の夢を20歳で諦めた。

 

それでも将棋だけは携わり続ける。人生をかけていると言っても過言ではない。

 

しかし人付き合いも無く、これといって趣味も無い。絶望感に囚われ全くやる気のない大学生活が、ある日を境に変わり始める。

 

人工知能研究会」に在籍していた磯野達也(落合モトキ)と出会った事で運命の扉が開かれた?手渡された資料を言われるまま覚え、達也のテストもクリアした。

 

AI(人工知能)のプログラム開発に興味を持った事を伝えると、どんどん波に乗って行き手ごたえが感じられた。何も無かった英一にとってこの感覚は初めての経験で、より一層のめり込んでいく。

 

プログラムを介して出会った人間関係。仲間意識も芽生え、人としての成長に繋がる。そして何より将棋を覚えさせたコンピューターが強くなって行く様は、楽しくて夢中になっていた。

 

英一は開発したAIに「AWAKE」と名付け、コンピューター将棋大会で優勝した。すると電王戦の出場を依頼される。対局の相手は…あの浅川陸(若葉竜也)だった。

 

やはり運命の糸は繋がっていたのか…。幼少期からの好敵手だった少年は将棋の棋士となり、対するはコンピューターの将棋ソフトを開発した英一。再会を懐かしむ間もない。

 

注目される対戦が始まる。英一は動揺を飲み込み呼吸を整える。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

cast・紹介(抜粋)

役名・俳優名
🌟清田英一
吉沢亮
 
🌟浅川陸
若葉竜也
🌟磯野達也
落合モトキ
 
🌟中島透
寛一郎
🌟磯野栞
🌟山崎新一 
川島潤哉
🌟山内ひろみ 
森矢カンナ
🌟清田英作
中村まこと

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

「まとめ」

集中を要する勝負事だけに、雑音とされる会話も無い。後ろに流れる音楽や映像事態も、とてもシュールで淡々と進行していく。

 

 
その場に存在しているが、一枚の絵のような…体とは別に頭脳は物凄い速さでせめぎ合っているように見えた。いったい何手先まで読んでいるのだろうか…。
 
引っ込み思案な男性の心情をミステリアスに演じている吉沢亮さんが視聴出来ました。将棋の知識がある方は、また違う目線で鑑賞出来るのではないかと思います。

 

落合モトキさんが、貴重なスパイス役を演じていて、メリハリを付けて下さっています。そして寛一郎さん。角度のせいもありますが、アップになると斜に構えた表情になり、やっぱりお父さんと似ていて、血は争えない…かも。と思いました😆

 

以上で失礼いたします🍀

仕事、家事、育児、介護…お疲れ様です🥂✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟

本日も記事を読んで下さり

ありがとうございました。

  🍀✨🤗✨  

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟