nyankomi’s diary(視聴リストができるまで)

映画🎥ドラマ📺️アニメの中から毎日視聴して私的pointをご案内🍀👀✨効率良く観たい一本を探したい😆50代おばちゃんのブログ初挑戦🤗✨🍀よろしくお願いします

グッドパートナー~無敵の弁護士~{貧相な見た目に人はついてこない}{考えるという行為}{夫婦の形}

グッドパートナー
 無敵の弁護士
🌟日本のドラマ
🌟主演
🌟竹野内豊
🌟松雪泰子

2016年 9EP

★出演者★
賀来賢人
山崎育三郎
杉本哲太
馬場園 梓
大倉孝二
國村 隼 ほか


★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

依然常盤貴子さん主演のドラマを紹介した際、このドラマを探していたと書きましたが、やっと視聴に至りました😆


もう5回目の視聴になりますが、飽きませんね~。
見る所が多すぎて...🤭弁護士ドラマの中では上位にランク付けしております。なんせ影響度が大きいもので...。


★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

咲坂健人(竹野内豊)は神宮寺法律事務所のホープでやり手のパートナー弁護士である。このローファームで二分する実力の持ち主。スタイリッシュなライバル夏目佳恵(松雪泰子)は元妻。この元夫婦が手を組むと敵なしの最強説を持ち、個々でもクライアントの要望をキッチリ叶えていく。


ホームドラマ感ありのコメディーよりは日常が舞台。時折「パパ」「ママ」と呼び合いプライベートと公私混同してしまう。痴話喧嘩は、むしろコミニュケーション。


事務所の顔ぶれも個性的で、日々賑やかに進行する。だが、ひとたび大きな依頼が舞い込むと、一丸となって立ち向かう心強い味方。ちょいちょい笑わせてくれる愉快な仲間達😂も着実にスキルを身に付け成長していく。


★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

熱海優作(賀来賢人)が神宮寺法律事務所のアソシエイト弁護士として働くことになった。


企業専門の法律事務所でビジネスロイヤー、売り上げが全ての弱肉強食。初出社そうそう神宮寺一彦(國村 隼)から発破をかけられる。


パートナー弁護士をサポートするのがアソシエイト。
現在、猫田純一(杉本哲太)と夏目佳恵(松雪泰子)。そして咲坂健人(竹野内豊)3人の先生が在籍している。


アソシエイト仲間2人...
猫田付きの城ノ内麻里
(馬場園 梓)
夏目付きの赤星 元
(山崎育三郎)


他にパラリーガル
九十九 治(大倉孝二)と茂木、秘書の朝丘


計8人を順に紹介された。以後この熱海目線で進むのかと思いきや...。
ここで咲坂先生登場!注目をかっさらっていった。


いよいよ熱海の初仕事。
案件は、とても不利な内容だった...。しかも顧客から頼まれていて断れもしない。どう戦うのか⁉️咲坂弁護士のお手並み拝見。


最大手事務所に出向き上から目線の圧をかけられた。真っ向勝負で挑むことを決める!ムキになった咲坂を誰も止められない。ボスをも取り込み(実はボスの天敵の事務所であったから...🤭)サクッとGO!サインがでた😁


だが、条件もでた🥴


ボスも止まらない!
敗けは許されない。
これは命令だ!と
ファーム全員がフォローにまわる。まさに全面戦争!


どこに行っても顔で勝負しているのか⁉️と言われる咲坂は、黙っていれば超スマートな格好いい弁護士...なのだが、実際は超絶お子さま思考。味覚に至るまで「子どもか⁉️」随所で突っ込み所が満載。


この咲坂が惜しげもなく立ち回っていく。それがまた魅力。ギャップ萌え多発⁉️🤭


帰宅するとベトナム出身、ハウスキーパーのグエンさんが出迎える。食卓にはベトナム料理のオンパレード(ベトナム料理しか作れないと本人が言っている)だが、直ぐに食べれる状態なのは父子家庭にはありがたい。


このグエンさん。何回見てもイモトアヤコさんに似ていると思うのは私だけ⁉️😂


娘のミズキは小学生だが、とても大人びている。家庭教師の島谷先生は、初顔合わせで咲坂のファンになる😘(月)(水)(金)で4教科😳色んな意味で凄い...。今時の子にしては純粋で素直過ぎ。両親の復縁を猛烈に望んでいるし周囲にもダダ漏れ⁉️🤭(特に生命危機とかでない場合、子どもは復縁を強く望むものなのだろうか?大人の事情にもよるか🙄)


夏目先生は仕事の後に習い事。自分の時間を満喫する為のチョイスが日本舞踊とは渋い😘経験が浅い設定でもあり、躍りのレベルは図りかねている。しかし毎話登場する着物姿は、女性目線でも色っぽいです😍
食事のシーンも含み、夏目の仕草=所作に見とれてしまう。


翌日、作戦会議では咲坂の一人相撲か⁉️猫田、夏目は勝算無しの示談交渉を推すが、1人だけあくまで突っぱねる。業界の王様に逆らったクライアントを潰したいだけで、始めから交渉の席に着く気はないと分析。コネ入社のボンボンを許さない!と猛進する気配。


自信満々に見えて実は行き当たりばったり。具体的な作戦が聞けないことで、呆れて退室していく2人を見送りながら咲坂は何かを考えていた...。


子供か⁉️
独自に動き出す咲坂🥴


夏目の作戦は交渉の余地無しで玉砕。事務所で公私混同開始🎉「元」夫婦が口論に白熱する。熱海はサンドイッチ状態を初体験。


その頃の猫田は...。
結婚相談所からの紹介でデートの最中。婚活に超絶力を注いでいた...。お気楽な...。


クライアントが倒れたと連絡が入り咲坂、夏目、熱海の3人は病院に駆けつける。金策に走り回っての過労と知る。クライアントへのフォロー不足を熱海に叱咤するも、俄然怒りはボンボンへ向けられた。


猛省した咲坂は、翌日ボンボンの元に乗り込み、弁護士バッジを外し1人の人間として語った。
※これが咲坂のスタイルとして今後も登場していく🤭
しかし、ボンボンには響かなかった為、暴言を投げつけることに...。結果、火に油を注ぎ作戦に拍車をかけた。だがそれは咲坂の思惑通りであった。


味方だと思っていた弁護士が一番の金食い虫だと気付いたボンボンは、自分で破滅の引き金を引いた形になる。こんな体力消耗戦を考え付いた咲坂を、ファームの面々は称賛した。


こうして勝ち目の無い戦いを勝ち取ったのは個人の利益ではなく、1人の人間として戦うべきだと思ったからだ!と、咲坂は意外と熱い人でした。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

一話簡潔の依頼を扱いながら、日常的な夫婦喧嘩と仲間の個人の悩みも解決していく爽快なドラマです。


このドラマを見ていると、物事を考えることが、とても楽しくなります。


日常の中のほんのちょっとしたことでも、考えた事でより良くなると毎日が楽しくなったりします。


今日はドラマを見ながら食事の準備をすることを辞めて、小物の定位置を移動してみようかと考えながらに変えてみた。


後片付けがスムーズになり、効果を早速感じている。ほんの一ヶ所の事。だけど、とても心地よくて気付けばニンマリ修正箇所を見つめている🤭このまま心踊る一日になると良いな~🍀がんばろ~っと...。



拝読をありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★