nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

サクラダ リセット 前編・後編 🌟野村周平さん、黒島結菜さん、平祐奈さん主演の邦画を視聴しました😍✨

サクラダ リセット
前編・後編
🌟邦画
🌟主演
🌟野村周平
🌟黒島結菜
🌟平祐奈

🌟2017年🌟103分

★出演者★
健太郎
玉城ティナ
恒松絵里
加賀まりこ ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

入院中のスミレ(相麻菫;平祐奈)が息を引き取ったと担任からクラスメイトに伝えられた...。

ここから全てが動き出す。


高校生になった浅井ケイ(野村周平)のモーニングルーティン。何処からともなく同級生の賑やかな声。爽やかな朝の登校シーンが、同級生の交通事故現場に居合わせた事で一変する。


ケイに促されハルキ(春埼美空;黒島結菜)が「リセット」そして...携帯の時報を聞きながら「9月15日12時35分20秒セーブしました」と正確な時間で唱える。目を開けるとケイが「リセット」した事を理由と共にハルキに伝え、2日前の昼休みに戻っていた。

※ハルキの能力は「リセット」セーブした時間まで最大で3日間世界を巻き戻せる能力。24時間以内は再セーブ不可(1日1回)本人の記憶もセーブ時に戻る。

※ケイの能力は「記憶保持」「リセット」時の記憶もあり見たもの全てを思い出せる。セーブ前に戻る事は出来ない制限の為、2人は3日に1回セーブを欠かさない。つまりハルキとケイは揃ってこそ効力を成す。

※この咲良田市は一見普通の街だが特殊な能力を持つ人間が集まっている。不思議な事に咲良田市を出ると全員何故か能力を持っていることさえ忘れてしまうのだ。

ケイはトモキに明後日の朝、同級生に声を届けて欲しいと頼んだ。※中野智樹健太郎)は自由自在に対象となる人物に「声を届ける」能力を持っている。「リセット」後も効力は残る。文字通り一声で同級生は交通事故を回避できた。


能力を持つ3人は高校で奉仕クラブに所属し、社会科準備室を拠点に指示を受け、能力によって人々を救済するボランティア活動をしている。街の能力者を統括する管理局の下部組織で顧問の津島先生(吉沢悠)は能力者ではないが地理の教師で管理局員。


ある日、ケイは佐々野(大石吾朗)からの依頼で自宅を訪問すると(※撮影した場所で写真を破ると10分間だけその場に留まれる)能力を消され、取り戻したいと言う。一通り話を聞きツシマ先生に報告すると、ケイとハルキに管理局からの呼び出しがかかったと聞かされた。


2人は変わった造形の、まるで要塞のような建物へ。案内人の加賀谷(丸山智己)の能力は「対象をロックする」右手でロックし左手で解除し奥へと進む。一人ずつの入室と指示され、ケイが先に進む。そこは窓もなく本棚が立ち並ぶ生活感の無い一室で、管理局の重要人物が姿を現した。


聞き覚えのある声に、ケイは記憶を辿る。少年が一人で電車に乗っていると、許可されていると手渡された電話。その電話の声だ。確か魔女(加賀まりこ)と名乗り「両親の居る世界に留まりたいのなら次の駅で降りてはダメ。捉えて離さない街だから」と...。


魔女は続ける...。
この街に呼び寄せてしまった事を謝るため、ずっとケイに逢いたかったと言う。魔女の能力は「未来視」その能力故、名前を排除され閉じ込められ管理局に利用されてきた。死期が迫っており最後の希望を他の能力者の干渉によって計画が頓挫するが、ケイの気転で...。


そこまで至るには紆余曲折あり、佐々野の能力を奪ったとされていた「記憶操作」の能力を持つ岡絵里(恒松絵里)と「モノを消す能力」の村瀬陽香(玉城ティナ)がハルキの能力を封じ弊害となるが、結果的に協力する形となる。


登場した能力者達の関係性がハッキリしてきた。ケイの周囲の人間達の思惑と思想の方向性も見える化してきた。スミレが何故2年前に川で溺れ死にしなければイケなかったのか⁉️


スミレの葬式の場でトモキが頼まれた声の主。後編から、新たな能力者達が現れる。管理者の頂点、浦地正宗(及川光博)の憎悪が向けられるのは、いったい誰⁉️


能力者達の暴走と「一掃計画」とは⁉️悲しき過去を持つ最大の被害者とは...。願うべき未来の為に集う者達と陰謀を企てる者達の知恵比べ。ケイの頭脳が冴える。秘められていた未来へのメッセージとは⁉️

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

2017年に前編、後編と立て続けに公開された映画。元は小説~アニメとあり、各々のファンも...。

公開当時、私にはあまり響かず、視聴に至らなかった。「早く見とけば良かった」が初見の感想でした😆

特に前編が時系列や展開にスピード感があり、面白かった💖なので、そのまま後編を続けて視聴に至った。後編はメッセージ性が強く、心に訴えかけるシーンが多かった。


ちはやふる」で野村周平さんのタメのある演技が昔の医療系ドラマに比べて成長を感じていたので、今回の特殊な主人公も楽しめました。このまま男の色気が加われば最強ですよね😍


黒島結菜さんのヒロインは初めて拝見。どことなく「優花さん」に似ていると思いました🤭影のある少女の役で元気印を封印。整った顔立ちでアップに耐えうる😍今後も更に楽しみな女優さんです。


平祐奈さんは逆に全体のフォルムが女性らしいが印象的でした。年齢は置いておいて女性らしいボディが武器になる気がするほど🤭個性的な女の子の特徴を生かした演技も印象に残っています。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

小説は小説の。アニメにはアニメの良さがあるので、面白いな...と感じます🤓


今日も拝読をありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★