nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

SAFE/セイフ(吹)🌟ジェイソン・ステイサム 、キャサリン・チェン主演の洋画を視聴しました🤩✨

SAFE
セイフ
🌟洋画
🌟主演
🌟ジェイソン・ステイサム
🌟キャサリン・チェン

🌟2011年🌟95分

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

駅のプラットフォームで中国系の少女、メイ(キャサリン・チェン)が悲壮な顔つきで1人ふらついていた。1時間前にはブルックリンで人相の悪い男達に囲まれ、白髪の初老の男性からの怒号に涙を流していた。


さらに一年前には中国 南京に...。当時、故意にかどうかは別として数学の先生を笑い者にしたとし、転校することになってしまう。落ち込むメイに友達は毎週手紙を書くと言って励ましていた。そこへ1台の車が近づきメイを無理矢理押し込めた。


一方、体格の良い男が病院で女性に罵倒されている。彼の名はルーク(ジェイソン・ステイサム)受けた苛立ちをカジノにいたチャライ男にぶつけた。殴られた男は八百長試合にルークが従わなかった事で大損をしたと叫ぶ。更に大物にも大損害をさせてしまった事で命の危険もあるという。ルークは相当緊迫している事態を悟った。留守電になってしまう妻の為に慌てて帰宅すると...。


妻は無惨に惨殺されていた。部屋に潜んでいた男達にルークは跪かされたが、何故か命は取られず、監視生活が始まった。少しでも会話をする者が現れたら、即相手を殺すと言われていた...。有名人である為、よく話しかけられたが誰も巻き込まないために、人との接触を避ける日々を送っていた。


メイは、一度見た数字は忘れないという天才だと耳にした悪人の「ハン」にさらわれ、母親の命を盾に協力しろという。父には幼い頃捨てられ、母は現在重篤な状態。ハンは孤児にならない為に母の治療費を稼げと言ってきた。ハンの組織から賄賂を貰ってる警官が偽造パスポートを用意し、偽の父とメイは国を出る。


密入国して少し経った頃には...。メイは各店舗の詳細を数字で把握するまでになっていた。歩きながら偽親に各店舗ごとの売り上げと儲けをメモもなく報告している。すると偽親はカジノの経営で赤字が出ている事に気が付く。オーナーを虫の息になるまで殴らせ撃ち殺した。メイは目を背ける事を許されず一部始終を見せられた。


ボスからの信頼を得たメイは、ある日ハンから一枚の紙を渡され沢山並ぶ数字を暗記した。もう1つ数字を覚えてくるように言われ移動中、車を襲撃され見知らぬ男達に拉致された。今度はロシアのマフィアの元へ。


覚えたての数字を書けと言われている。ここで冒頭のシーンに繋がる...。警官までも率先して参加し、欲深い大人達の数字の駆け引きが始まる。目を盗み奇跡的にメイは逃げ出せた。そして地下鉄のプラットフォームにいたのだ。メイの後ろにルークがチラッと映り込んでいた...。


ルークは5人の男達にリンチされた直後(※全員警官でルークを逆恨みしている。ロシアのマフィアと繋がっていたことをバラされたと思い込んでいた。ルーク自身も元警官)どんなに罵倒されても暴行を受けても仕返しすることはなかった。


ただ、愛する妻の惨殺を見せられ悲しみにくれる。しかもそれが自分のせいで...と。絶望に耐えかねたルークは地下鉄の線路を見つめ妻に謝っていた。足を踏み出そうとした時、何故かメイと目が合う。後を追う男達に見覚えがあった。電車は発車してしまうが、ルークは最後尾の手すりに捕まり、あっという間に電車の内へと入り込んだ。


男達がメイを追い詰めたところでルークも追い付き、因縁の男に報いを...。メイはルークが信用出来ずに1人で逃げ出すと、路上ではハンの組織とロシアのマフィア、そして悪い警官達が待ち構えていた。間一髪でルークがメイと車で逃走するが、激しいカーチェイスと銃撃戦が始まる。スイッチが切り替わったルークのハンドル捌きは超人。


車を乗り捨てるタイミングで、まだ半信半疑のメイは、ちゃんと状況を考えルークに着いていく。ルークは手慣れた感じで他人に成り済まし、やっと落ち着けそうな場所へ...。だが、そう甘くは行かず、即座につきとめられてしまった。一瞬で銃撃戦が再び始まる。逃げながらもルークに考えが浮かび、メイにも離れてしまった時の指示をする。結局メイはハンの組織に連れ戻されてしまった。


ルークは更に追い込まれた状況下で必死に考えた。自分の事ではなくメイの無事を案じて...。そして大立ち回りを演じた。その奇想天外な作戦とは⁉️トップスピードで展開していくので最後まで目が離せない。最後に笑うのは誰?

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

以前「トランスポーター」を視聴した際に知り、観たい作品リストに書き込んだうちの1本。やっと視聴に至った。レビューの評価も良かったが、やはりこの人の主演作は面白いモノが多い。どれを観てもドキドキだけじゃなくワクワクするのだ。


監督の手腕もさることながら...。決してハンサムな生き方ではなく、泥臭い生活臭が粋な男を際立たせている⁉️みたいな🤭アイドル的な感情とは違うのだが、俳優としての魅力が駄々もれで...(笑)番宣だけでも引き付けられる。


「トランスポーター」のファンは、見逃せない映画なのではないでしょうか🤓面白かった満足感と、やっと観れたという達成感で、良い眠りにつけそうです。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

ここまで読んでくださり、ありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★