nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

ロマンスドール💑🫂🥲邦画を視聴🎥キャスト=高橋一生さん、蒼井優さん。ほか...

ロマンスドール
💑🫂🥲邦画を視聴🎥
キャスト=高橋一生さん、蒼井優さん。ほか...

★2020年🌟123分

★共演者★
浜野謙太
三浦透子
大倉孝二
ピエール瀧
渡辺えり
きたろう
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

はじめに...

精神的、肉体的に大人なラブロマンス系の映画です。(アダルトな...)

小説原作者=タナダユキ
「ロマンスドール」

映画化になり監督も原作者が勤めた。全編16mmフィルムで撮影(PG12指定)

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

北村哲夫(高橋一生)が妻、園子(蒼井優)との10年間を綴る...。ママゴトみたいな結婚をして、それでも2人で夫婦というモノを試行錯誤した...。


周囲からの妻の評判は、美人で料理が上手くて清楚で旦那さんをたてる良く出来た奥さん。


出来すぎた嫁だと...。


皆が知らない事を僕は知っている...。


他の誰も絶対に知らない事...。


~4年前のある日~
哲夫は美大の彫刻科を卒業しフリーターをしていたが、お金がなくなり...とある工場を訪れる。先輩の紹介で何の前情報もなく仕事の面接へ。ここに行けと住所を書いた紙切れ1枚を渡されて...。


気さくなオバチャンが工場内を軽く案内してくれたのだが、目の前に広がる光景が衝撃過ぎて哲夫は言葉を失う。


一面に広がる「胴体」たち。正体は...ラブドールだった。昔で言うところのダッ●ワ●フ😵(ピー音を入れるべきか⁉️)フレンドリーなオバチャン(田代;渡辺えり)が軽いタッチで紹介していくので、比較的爽やかに受け流せた。


※日本ではジョークグッズとして販売しなければいけないらしい...。


人形の原型を作る造形師の相川(きたろう)がラティックス、ソフトビニール、シリコンなど...素材の説明をし始めた。「限りなく人肌に近い人形には魂が宿る」相川の口癖は今も記憶に残っている...。


哲夫は少し引き気味に話を聞きながら、好奇心で手触りを確認していた。知識も関心もなかったが、久保田商会で働く事になり、職人として相川に付いて学んでいく。


何となく言われた事をやっていくうちに、哲夫が初めて手掛けた作品が完成した。だが社長の真剣なダメ出しに、社運がかかっている事を意識するようになる。相川の指導に熱も入り、哲夫も次第に情熱を持ち始める。


飲み屋で反省会をする中、相川が閃いた!当日、セールで購入した白衣を着て待機している所に、やって来たのが園子だった...。不謹慎極まりないが、医療用の型をとるという設定でモデルを募集したのだ。


相川が土壇場で逃げた😱仕方なく気まずい空気の中、哲夫1人っで胸の型どりをし、片付け始める頃に戻ってきた相川は、唐突に「完璧な再現には感触も必要だ」と言い出し、玉砕覚悟で園子に交渉すると...。


自分の胸が誰かの役に立つなら...と、園子が承諾し二度見するほど驚く哲夫は、極力無心で触らせて貰うが...。事務的な所作であったものの...異質な経験であったに違いない。謝礼を渡し園子を見送るが、忘れ物に気付き哲夫が追いかける。


駅の階段で追い付き、背を向けた園子の腕を掴み告白した...あまりに突然の事に園子は驚きを隠せなかった。ひと目惚れだと勢いに任せて告白をした事もだが...こんなにハッキリと気持ちを相手に伝えたのは初めてで...これが最後だと、後に哲夫は回想する。


こうして交際が始まるのだが、園子に職種を伝えられないまま...を思い悩む哲夫を見かねて相川が飲みの席を儲けるが...結局言えずに終わる。そうこうしている間に園子の協力の元、人形が完成し社長のGOサインで商品化に。


世の中に出回ると大反響を呼び、人形を擬人化しコスプレの需要が...。「ドーラー」と呼ばれる人々が誕生しマスコミが注目し始めた。哲夫は目にするたびに複雑な心境に陥る。そして秘密をかかえたまま...。


結婚して直ぐ、商品は売れに売れて...哲夫は仕事が忙しくなり、2人でいられる時間は少なくなってしまう。そんな生活が4年ほど続いたある日...


社長から新しい素材への打診がある。耐久性は未知数であるがコストも抑えられリサイクルも可能という。この業界が注目され、新規参戦者が増えた事で競争も激化している。目玉商品を持ちたいのだ。


その日、朝から相川の姿が見えなかった。様子を見に行った田代のオバチャンが発見者となり...。突然の相川の死と新商品の開発、相川の後任の新人...。哲夫の心は満員電車のスシ詰め状態。試行錯誤の末、ようやく光が見えてきた頃...新人にデータを盗まれた事が発覚。弾けてしまった哲夫は一晩限りの女性と...。


その頃園子は...。2人のすれ違いは軌道修正が効かなくなり...ついに...。悲しい結末の始まりに哲夫の身に起きた現実とは...。フラフラしていた哲夫の人生が出会った人たちによって形成されていく。形になった後、哲夫自身の手で紡がれていく造形の行く末とは...。


出会って間もなくから絶妙のコンビとなった相川との魂のリレーは上手く繋げられて行くのだろうか⁉️直感で求めた園子との未来は⁉️

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

食戟のソーマ」で慣れたからか⁉️😂いつもとは違う傾向の映画をチョイスしてみた。ちょうど蒼井優さんの結婚報道の後、公開の番宣を目にした記憶があり、旦那さんが高橋一生さんに嫉妬したと書かれていたかと...。


信憑性の有無は分からないが、嫉妬心が沸くのは仕方がないと思った。それほど...演じきった演技は素晴らしく(素晴らしいと表現して良いものかも場面によっては躊躇してしまうのですが...)とにかく高橋一生さん演じる哲夫の人生が見えたきがするほど...。ベッドシーンよりはムードを大切に演じられていた気がします。


蒼井優さんはセミヌードまで披露し、演技力プラスアルファーに労いの言葉を贈りたいです。台本で内容を承知の上で出演を決められたと思いますが、覚悟のようなものが感じられた気が...。体型のコントロールもプロ根性なのだと...。やはり気になる女優さんです🥰


高橋一生さんと、きたろうさんとのコンビでは、監督さんの勝利なのか🤔笑いの間が絶妙でした。せっかく浜野謙太さんが出演しているので、三つ巴も見てみたかった😫とチョッピリ残念。


また、目だけの演技の幅が広くて、感情移入しっぱなしになりました😭「僕らは奇跡でできている」が久しぶりに観たくなりました...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

日付も変わってしまったので、今日はこの辺で...。

ありがとうございました
🍀✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★