nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

ホノカアボーイ🏝️🎞️🌕️日本映画を視聴🎥キャスト=岡田将生さん、賠償千恵子さん、長谷川潤さん。ほか...

ホノカアボーイ
🏝️🎞️🌕️日本映画を視聴🎥
キャスト=岡田将生さん、賠償千恵子さん、長谷川潤さん。ほか...

★2009年🌟111分

★出演者★
役名(役者名)

レオ
岡田将生

ビー
(賠償千恵子)

マライア
長谷川潤

トム
吉田玲雄

みずえ
正司照枝

コイチ
喜味こいし

カオル
蒼井優

チャコ
深津絵里

エデリ
松坂慶子
ほか

主題歌
「虹が消えるまで」
小泉今日子
作詞(高崎卓馬)
作曲・編曲(斉藤和義

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
はじめに...
原作者=吉田玲雄氏もメインキャラで登場!
(写真家、ライターとしても活躍中。自身の滞在経験=紀行エッセイを映画化)


親子で立ち上げた...拘りの商品を提供する「ポータークラシック」(衣類カバンメーカー)から衣装の強力をしているという。見処の1つである。


本作のキャッチコピー
「どうして僕たちは、何かを失って、大人になるんだろう」
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
...物語は...
「ホノカア」というハワイ島の北端に位置する小さな町で、日系アメリカ人の日常が描かれている。


映写技師の青年が映画館で見習いとして働き始める。周囲の地元民たちの人間模様を通して大切な事を感じ、綴っていく...。


ワイ島で道に迷ったレオは、ある映画館に辿り着く。声をかけたが応答がなく、道を訪ねる事はできなかった。助手席のカオルは空腹でイライラがマックスで文句を言い続けているが、レオの頭の中は無人の映画館の事でいっぱいになっていた...。


半年後、大学を1年休学してハワイ島へ来た。カオルとは、あの旅行から日本に戻って直ぐ別れ...全く悲しくもない事から、それほど好きではなかったのだと分かる。


この町は...サトウキビの甘い匂いがする。そして住人は皆、ゆったりとした時間の中で生きている。人との付き合いが得意でないレオだが、ここでは違和感がなく溶け込めていた。町が⁉️人が⁉️そうさせるのか?


ある日ビーの家にお届け物を届けたレオは...。明日も訪問する約束をする。猫の餌付けを思わせる胃袋のつかまれ具合。一気に距離が縮まるが、お互いの不器用さが会話に滲み出る。


ゆったりとした町=年寄りの町だと美容師が言った。孫のような年の差が、レオには心地よかったのかもしれない...。映画館に戻ると...オーナーから師匠が骨折し怪我が治るまで閉館にすると聞かされる。見習いだが一人立ち出来るつもりでいたレオは自分がヤルと言い...。


翌日、ダメにしてしまったフィルムを握りしめ、レオは反省し落ち込んでいたが、通りがかったビーが笑顔にする。何だか妙なコンビの出来上がりだ。


独特の時間の流れが、まるで長い夏休みに祖母の家に遊びにきたような錯覚を覚える。映写技師の勉強の一貫なのか⁉️レオはポラロイドカメラを持ち歩き取り貯めた写真で部屋の壁が埋まっていく...。


ハワイでは満月の日に月の虹がかかる事が希にあり、願いを叶えてくれるという言い伝えがあるらしい。まだ見た事がないというビーを誘いだす。結局その日に見る事は叶わなかった。


親しくしていた「コイチ」が亡くなり...。レオの中で何かが変わろうとしていた...。ある女性と親しくなる一方で、ビーの言動が明らかに変わり始める。少年のような面影の残るレオは亡くなった夫に似ていると言ったビー。少女のような一面を覗かせる。


鈍いレオは自分の事で精一杯。気になる彼女との時間しか見えなくなっていく...。「都合が悪くなると直ぐ黙る」レオ。長~い夏休みの行く末はどうなる⁉️夏休みはいつか終わる...。その時レオは⁉️


肉体は...
言葉と想いの
家でしかない...

皆、風になっていく...


道に迷ったレオは、周囲の人たちに道を訪ね、無事に目的地へ辿り着けるのだろうか⁉️

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

日本でいえば下町が舞台⁉️ハワイと聞いただけで、カントリーな雰囲気が、おしゃれに感じてしまう。日系アメリカ人の設定で、自然に入り込めてしまう空気感が、なんとも落ち着いて鑑賞が出来た。終末期についても、やんわりと考えてみたりして...不思議な感覚を味わったように思う。

ハワイの暮らしは素敵で憧れます。ライフスタイルの見直しに繋がりました😆


長谷川潤さんの水着のシーンは、とても健康的で似合っていた。しかし...岡田将生さんの生お尻にNGは無いのかと驚いた😳


賠償千恵子さんの演技が可愛いこと😍💝こういう時の重ね方をしたいと思った。「下町ロケット」での倍賞美津子さんを回想し、姉妹が交換して演技したらどう変わる⁉️...なんて妄想を楽しんでみた🤭(笑)


松坂慶子さんの、ふくよかで食いしん坊の設定は...ハワイアンな服装で、凄くキュート🥰に纏まっていた。参考にさせていただきます😆すっかり、吉田玲雄氏のプロデュースにハマっていたという事だ(笑)

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
ちょっとだけ「ハウルの動く城」が過り、視聴したくなった😆


ここまで読んで下さって、ありがとうございました。
🍀✨🤗✨
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★