nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

鍵泥棒のメゾット 「シュールな日常から激動の生活へ」「着衣交換」🤭「整理ノート」

鍵泥棒のメゾット

🌟主演

堺雅人

香川照之

広末涼子

 

出演者🌟

荒川良々

森口

 

amazon・primeを一部参考にして視聴し、あらすじや感想を書き綴っています。(ほぼほぼ個人的な解釈)

 

しこたまネタバレ😝で

すみません💦

 

ふと時間が出来た時に...。

何か観たいと思った時に...。

このリストが誰かの役にたてればいいな...。

 

「一覧表示」に設定

すると見やすいように

作品名から書き出しています。

 

一年間に鑑賞できる時間は限られています。充実した時間だったと思えたら、エネルギーにもなる気がしませんか?🤗

 

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

あらすじ

スケジュールを立ててから行動するタイプの水嶋香苗(広末涼子)は、ある日の終業間際、いつものように⁉️(流れるように話しが始まった)1日の労いの言葉から切り出し、朝礼のような夕礼を始めた。

「私😲結婚することにしました。結婚しても仕事は続けますが...。」お相手を聞かれると...「まだ決まっていません。なるべく短期間でたくさんの可能性を確保したい。知り合いで結婚を望んでいる男性を紹介していただけないでしょうか」と、業務連絡の後に変わらないテンションで爆弾を投下。同僚や部下⁉️らは一瞬驚くものの直ぐに適応⁉️能力ありすぎ。

 

高額報酬で請け負うプロの殺し屋『コンドウ』=山崎信一郎(香川照之)は、返り血を浴びないようにレインコートを着込み仕事を遂行した。

 

同じ頃、蒸せて起き上がった桜井武史(堺雅人)は、どうやら首をつったが失敗したらしい...。計画性ゼロの残念な男。役者としても三流で人生に行き詰まっていた...。と、それさえも考えていたか疑問なほど...。タバコは空。千円札に小銭...。小銭に混じっていた紙切れを広げると...

「銭湯の無料券」だった。体臭が急に気になりだし、小銭を握りしめ銭湯に向かう。部屋を出てポストに入っていた督促状を封も開けずに投げ捨てるも、放置する度胸もなく拾いに行く。

 

仕事をした現場から早く立ち去りたいヤマザキは渋滞にハマってしまう。イラつきながら時計を確認すると、袖口に血がついている事に気がつく。視線を上げるとそこには銭湯の煙突があった。番台に一万円を出しお釣りを財布にいれると、札束で膨れた財布をロッカー上に叩き置く。

その光景を二度見していたのが、隣に立っていたサクライだった...。

人相の悪いヤマザキが浴場に足を踏み入れると、足の下には石鹸が...。

漫画のように宙を舞い頭を打って気を失ってしまう。救急隊に運ばれていく姿を神妙な顔で見送ったサクライの手には...。

サクライは拾った脱衣場のロッカーの鍵を握りしめ、自分の鍵をヤマザキのもとに戻したのだった。

 

ヤマザキの車(クライスラー・300)に乗りヤマザキのスーツを着て、友人に借りていたお金を返して回る。もちろんヤマザキのお金。

洋服を買い一通り借金も返し終わった。

小心者のサクライは、入院しているヤマザキに会いに行く。枕元に返すつもりで置いた紙袋。中には使ったお金以外の所持品が入っている。だが、目を覚ましたヤマザキは記憶が無いという。

すぐさま紙袋を手にサクライは病院を後にする。

医者から記憶の無い生い立ちや大家さんへの連絡等を聞かされ、ヤマザキは少ない小銭で大学ノートを買った。頭の中を整理する為のノート。退院したヤマザキは、持っていた督促状の住所へ向かおうと方角を訪ねたのが、丁度父親の見舞いに来ていたカナエだった。

 

登場人物が出揃い、一つずつ明らかになっていく。サクライはヤマザキの自宅に上がり目を疑う物を見て震え上がり、大金を持っていた意味を知る。ヤマザキを心配し世話を妬き始めるカナエ。売れない役者だと思い込んで真剣に芝居に取り組もうとするヤマザキ。以外にも共通する面が多い事に気付く2人。

 

シュールな日常が、ある日銭湯に行った事から激変しスピード感溢れる激動の生活に変わっていく。結末に向かって三人らしいコミカルな描写が見所か⁉️

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

 

一見、体格の違うヤマザキとサクライが衣服を交換したのに違和感なく着こなしている所が見ていて違和感があった(笑)

 

リーガル・ハイ」以外にも堺雅人さんと広末涼子さんの共演があった😳と嬉しい発見でした。

 

桜井武史=堺雅人さんの設定に笑い。

元劇団員の35歳。殺し屋のコンドウとして生活することになってしまう。幸か不幸か上手く演じきれるか⁉️ギャグ要素に吉✨

 

広末涼子さんは、相変わらずの透明感で「アップ」にも充分耐えられます。

几帳面で真面目、行動の前にスケジュールを立てる設定だったカナエ。初対面のヤマザキを車で送るカナエに多少無理がある気もするが、面白いからいっか😁

香川照之さんと堺雅人さんのコンビは「半沢直樹」のイメージが濃いので、不思議な感じがした。

何気にムロツヨシさん登場に笑みがこぼれた。何故⁉️🤔

 

3回目の視聴だったが、久しぶりのせいか⁉️すごく面白かった。

 

この3人でつまらない映画になる訳がありませんね🤭

 

「頭を整理するノート」

これ、非常に共感🤩(笑)

 

整理整頓された部屋にも注目!です。

 

何だかお腹が空きました...。

今日はこの辺で。

 

拝読をありがとうございました🍀🤗