nyankoが観たタイトルを綴る~diary~

映画、ドラマ、アニメを数多く視聴する為にタイトル他を保管🍀✨🤗

図書館戦争🌟岡田准一さん、榮倉奈々さん主演の邦画を視聴しました🤩田中圭さん、福士蒼汰さんにも興奮💖

図書館戦争
🌟邦画
🌟主演
🌟岡田准一
🌟榮倉奈々

🌟2013年🌟127分

★出演者★
田中圭
福士蒼汰
栗山千明 ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

資料収集
資料提供
利用者の秘密を守る
全ての不当な検閲反対
図書館の宣言にはこれらの自由を守るための部隊が存在していた...。その名も図書隊。


語り継がれている話がある...。ある時、明らかにその場に似つかわしくない人達が、ぞろぞろとある図書館に入室した。彼らはサバイバルでも始めるかのような出で立ちに素早く変身し手にはライフルを握った。ライフルを構えた途端、処構わず乱射し始める。館内に居た人々はパニックになり逃げ惑う。


容赦の無い発砲が始まったかと思うと、火炎放射機でみるみる棚ごと本が燃やされていく。ガスマスクの下は無表情だろうと察するほど、坦々と計画的に行動がなされていた。その場に居合わせた者の避難を誘導する者などおらず、重軽傷者の有無など、まるで関係ないかのようだった...。


1988年...昭和63年メディアでも頻繁に取り上げられているメディア良化法案の審議が始まる。...暴力、差別的な表現を規制するというものらしい。有害図書を検閲する、取り締まる事も議論されていた。


1989年、年号が「正化」と変わり元年にメディア良化法が施行になってしまう。すると書店では空になった本棚が並び、押収された本はトラック何台分にもなる事態に。各家庭へと配信される映像は、注意を促す効果に利用されていた...。


検閲対象の書店に居合わせた笠原郁(榮倉奈々)は一冊の本を背中に隠した。見つかって本の取り合いになり突き飛ばされた郁を一人の図書隊員が受けとめた...これが郁が王子様と出会った瞬間😍図書隊が設立された2004年正化16年のある日の出来事。


それから月日が流れて...。ここは面接会場。図書隊員の募集に応募した郁が志望動機として、あの日の出来事を語る。その場に居た面接官は失笑する。ただ1名を除いては...。


部隊が結成され郁の姿もあった。正化31年東京武蔵野の図書館に配属になり、やる気の充分な郁だったが...。男女性別関係なく訓練が行われ、ペナルティーが人より多いのは教官のせいだと不満を持っていた。


寮の同室で親友の柴崎麻子(栗山千明)に食堂で愚痴を溢していると...あろうことか本人(堂上篤;岡田准一)が背後に...。上官をこけ下ろしたのだ、ただでは終わらなかった...。


大事な歴史を学ぶ座学では居眠りし堂上に叩かれ、柔道で発散するが女子に敵無しの郁に、堂上が稽古を...。虫の居所が悪い郁にジョークは通じず...自分より背の低い堂上をなじると、一瞬で投げ飛ばされてしまう。


ルール無用で反撃した郁の行動は、以外な人のお気に入りとなる。もちろん郁が、したり顔出来たのは...ほんの一瞬だった🤭この噂は瞬く間に広がり、柴崎や堂上の親友の小牧(田中圭)らを楽しませた。


外見に反して乙女な郁は毎日思い出の本を眺めていた。強烈な体験だったからなのか、助けてくれた図書隊員の顔が思い出せないのだ。でも覚えている感触を便りに探し出せる!などと妙な自信だけは持っていた...。


関東図書隊の隊員は3000人以上。王子様を追いかけてここまで来た郁。なのに運命に身を任せるという。柴崎にからかわれても、ソコだけはブレない。


突然、女性初の図書特殊部隊=ライブラリータスクフォースの任命を受けた郁は口がしまらないほど驚く。玄田隊長の強い推薦があったという。これが噂の柔道での副産物だったと後に知ることになる🤭一緒に任命を受けたのは手塚(福士蒼汰)自由な郁を認められないでいた。


2人とも堂上班所属と聞き反射的に不満を漏らす郁に上官達は笑いを堪えた。タスクホースは図書隊の中でも精鋭部隊であり更に厳しい訓練が始まる。女性初ということは、相当な試練だ。


郁にとっては、肉体的な訓練よりも難航したのが膨大な地下書庫の中から依頼された本を探し持ち帰る作業。業務部レベルの図書の知識を必要とする。これらを平行してこなしながら野外訓練にも参加。実践を経験するまでは、緊張感を持ち集中力を持続させる事が難しい...


堂上と郁が館内の警備に当たっている最中に、挙動不審な人物に目が止まった。郁は単独で追いかけ違反行為を現行犯で捕まえた。...だが、気の緩みからカッターで反撃をくらう。堂上は怪我を負いながらも逮捕するが、郁を激しくなじった。


警察に犯人を引き渡すと、訓練と実践の現実を痛感した郁は反省する。初めて実感した事で身が引き締まる。堂上教官とのチグハグなやり取りも2人の成り行きも見所の1つとなっていく。


いよいよ実践になった時、図書隊の「守るために戦う」がどんなにシビアな事なのか、銃を持ち約束を守らない相手に命をさらけ出す。圧倒的に不利な戦いで理不尽な戦闘の末に待っているものとは⁉️

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

田中圭さんが主演のドラマが始まるので、関連作品として「図書館戦争」がピックアップされるのを期待していたので、視聴可能と気付いたら、そりゃ~見ますよね~😆テンションが上がっている自覚があるほど興奮して視聴しました🎉💖


ずっと観たかったので、嬉しくてしょうがない😍💖この流れで、他の関連作品も視聴可能にならないか期待が止まらない🤭


同期の手塚の唐突な言動が程よく刺激を与え、柴崎と小牧の味のあるキャラがフォローする。ラブコメの中にも最高のアクションが散りばめられている。


「SP」の後の岡田准一さんのアクションとあって、公開当時は番宣に随分力が入っていたと思います。「岡田塾」と称したチームが結成され、田中圭さん福士蒼汰さんはリアルに鍛えていたと...🤭榮倉奈々さんもスタントなしで頑張っていたようでした🍀


★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

どうしましょう🤭このテンション。もう一本🎉コースいっちゃいますか❗️今日も拝読をありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★