nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

最高の離婚👩‍❤️‍👨👋👫日本ドラマ視聴📺️キャスト=瑛大さん、尾野真千子さん、真木よう子さん、綾野剛さん。ほか...

最高の離婚
👩‍❤️‍👨👋👫日本ドラマ視聴📺️
キャスト=瑛大さん、尾野真千子さん、真木よう子さん、綾野剛さん。ほか...


★2013年🌟11EP

★出演者★
窪田正孝
市川実和
松尾諭
小野ゆり子
芹那
宮地雅子
八千草薫
ガッツ石松
KEIJI
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
エンディング
桑田佳祐
「Yin Yang」
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

かなりの屁理屈王者で自分中心な神経質男、濱崎光生(瑛太)30歳は...体調が悪くなるほど人付き合いが苦手。その為、仕事(自販機の設置会社)で営業職に伴う飲み会が苦痛で仕方がない。心の声は屁理屈全開で非常にメンドクサイ人。


対照的に2年前に結婚した妻、結夏(尾野真千子)は自称「おおらか」見方を変えると「ガサツ」愛想が良くて客商売向き。しかも光正の祖母亜以子(八千草薫)とは趣味、思考が似て大の仲良し。光正の祖父が開業したクリーニング店を引き継いでいる。家事が苦手で細かい光正からは毎日何かしら叱責されていた。


何故そんな二人が夫婦になったのか...⁉️取引先の受付の人...程度の認識だったが、東日本大震災発生後の帰宅が困難な状況の中で、顔見知りに会いホッとした...これがキッカケ。意気投合したような感じがして、同棲、結婚と進む。2年経った今、そして「吊り橋効果」は効力を失った⁉️対照的な性格と生活習慣が互いに目につき、最近では口論が耐えない。


口論の勢いは暴走し「離婚」の二文字が飛び出した。更に勢いが加速し離婚届けを印刷し怒りに任せて光正がサインする。それでも結夏は、何度か書き損じをしてみたが流れは変わらず...結局アホらしくなったのであろう。後日光正が帰宅すると提出した事を報告した。2人とも全てが「勢い」だったことは離婚してから身に染みていく。冷静になると...色々すっ飛ばしている為、帳尻を会わせていく事になる。


時を前後して、どうしようもなく結夏の言動が鼻につくようになった頃、光正は元カノだった上原灯里(真木よう子)に再開していた。取引先の声掛けで断れず、仕方なく不馴れな草野球に参加した帰り道。ぎっくり腰になり、灯里のお店の側で動けなくなる。女性専用なのだが特別に対応してくれたのが灯里だった。


大学の頃ぶりで、光正の方は都合の良い思い出しか残っていなかった為、再開後も浮かれてアプローチを続けていたが、美大で助手をしているという上原諒(綾野剛)と結婚して引っ越してきた事を知ると、騙されていたかのようにショックを受けていた。


女性専用のアロママッサージ店を個人で経営している灯里は、落ち着いた物腰で接客にも慣れている。一歩引いた姿勢での会話に相手への気遣いが見えて大人の女性を意識させる。裏表がなく直情型の結夏とは正反対。光正は無意識に比較してしまっていた。


結夏の父、星野健彦(ガッツ石松)が尿路結石を患い帰郷するが離婚したと言い出せずにいた。光正も同じく自分の祖母に言い出せず、流れで結夏の地元まで行く事に...そして互いに話せるまで同居する事にする...。一応のルールは儲けたが...。


ある日、それぞれの素性を知らず濱崎家に4人が出揃ってしまう。改めての自己紹介で、互いにザックリ事態を把握する。そして意外な話題へと進んでしまい...交際当時、突然灯里が別れを切り出し光正の前から去った理由が明らかになる。無自覚で灯里を追い詰め自分の不義理を知り、光正は言葉を無くし深く反省した。


合コンに誘われた結夏は、フリーターの初島淳之介(窪田正孝)とサラリーマンの大村圭輔(KEIJI)と出会う。どちらともデートをしてみたが...何となくシックリ来ない。淳之介に至っては家族とも仲良くなるが、弟のような関係性が自然に出来上がっていた...。


光正の方は通っていた歯医者の歯科衛生士である海野菜那(芹那)からアプローチを受け、流れでスマホを購入しSNSデビューを果たす。早速灯里と結夏のSNSをチェックすると...。


またも草野球でボロボロの光正は祖母のカフェで諒に遭遇。後から灯里も合流し妙な空気に...。灯里には過去の事を謝罪したが、今度は諒の不義理を知ってしまい2人を正視出来ない不器用な光正。


なんと、諒は灯里との婚姻届を役所に提出しておらず、灯里の他にも女性と関係を持っている事実を知ってしまってから、色んな意味で気が気でない光正。自身の離婚の件も徐々に周囲へオープンになっていってしまい...挙動不審な行動が目立つ。


考えている事とは、いつも少し違った方向へ進んでしまう光正のツキの無さ。天真爛漫な結夏とは、離れてみて見えてくるモノが...。理想化していた灯里の本音を覗いてしまうと...複雑な心境を体験する事に...。同時に諒の言動の由来を知った面々は少なからずの動揺が生まれる。


4人の感情はそれぞれで、思いも考えも違う。選択の仕方も独特で、周囲は振り回された感が残るが...。進むべき道を4人なりに模索した結果が出る頃には、周囲の気も落ち着くのかもしれない...。


目に見えている部分だけが全てではない事を身に染みた4人だったに違いない...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

はっさく・マチルダが可愛い😍ちゃんと演技もしていましたし...😆同じスタッフが再集結した2015年に放送した「問題のあるレストラン」に再び登場しているといいます。


エンディングがとにかく魅力的で🥰当時は結構、衝撃的でした。曲に合わせてのダンスシーンが妖艶で😍どちらかだけでは、もの足りず...私の中ではワンセットでした。


今日の視聴の決め手となったのは、当時の感想と今とでは全く違う感想になると思ったから...。表現に自信がありませんが、各々の視点から見て感情を理解できるようになった事です。


祖母の亜以子さんの理屈抜きの感情も理解できるし、諒の言動さえも...。登場人物たちのゴールというか落とし処は幾つかの選択の中の1つだと思える。拒絶も別離も許せない感情も分かるし、それでも一緒にいたい...もしくは何の縛りも無くただ寄り添うのも有りだと思う。


自分の大切な人ならば幸せに...笑顔でいて欲しい...とやはり願ってしまう。大切な人だからこそ、周囲の意見とは違う道を選択したのなら...(自分の本心はどうあれ)応援したいと思うようになりました。


だからといって、ドラマ視聴ではなく実際自分の身にふりかかって来た時に冷静に受け止められるか⁉️といったら...それはなってみなければ分かりません!😤それが人間の性ですよね🤭(笑)

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

学びの場となりました🍀
埃臭くなっていたら失礼しました...。

では。この辺で...✨🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★