nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

泣くな、はらちゃん{妄想族、漫画の世界}{疲れたor穏やかになりたい時に出会って欲しい}{自分と...世界と...両思い}

泣くな、はらちゃん
🌟日本のドラマ
🌟主演
🌟長瀬智也

2013年 10EP

★出演者★
麻生久美子
薬師丸ひろ子
菅田将暉
賀来賢人
光石研 ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

deleの時に関連で振れたとおもいますが、「泣くな、はらちゃん」が視聴できた。時間がなかった為、9話と最終話を視聴した。

一番切ないところ。永遠には続かない現実を直視する物語のクライマックス部分。

全体的には心暖まるドラマなのですが、一番の見所であり、メッセージ性の上でも、もっとも重要なシーンがつまっている部分。

前回のドラマとの流れも途切れず、自然に視聴に至った...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

ここまでのあらすじとしては、幼少期から大事にしていた漫画を元に自らが模写してみた。それまでの自分が好きになれず地味で目立たない人生を送ってきた女性が、漫画を書くことでストレスを解消していた。


心の声と漫画の世界の住人達が交わす会話のお中で次第に心が通い合う。そして条件が揃ってしまった瞬間、漫画の世界と人間の世界が繋がってしまう。

人間界ではちゃんと実体があるので見た目の違和感はないが、ものを知らなさすぎるので変人扱い。創作した越前さんでさえ何が起こっているのか理解するまでに時間がかかった。


偶然が重なりすぎて、認めざるおえなくなっていく。そのうち1人ではフォローしきれず、ごく身近な人間に次々にばれていく。

中には越前さんに身を委ねる人まで出る始末。そうこうするうちに、漫画の世界でも興味を持つ者が増え、結局全員がなだれ込む結果になる。


実態を手に入れた面々は、ひとまず一握りの人間達のもとで数日を過ごす。あり得ない現実を純粋に楽しむ
漫画界の住人達...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

漫画界の住人達は6人。リーダー役のはらちゃん(長瀬智也)ゆき姉(奥貫薫)まきひろ(賀来賢人)たまちゃん(光石研)笑いおじさん(甲本雅裕)あっくん(清水優)

条件が揃った瞬間に全員で人間界に移動してきた6人は朝食を食べるべく越前家の一部屋に大集合。

越前の母(白石加代)と風来坊の弟(菅田将暉)は、この異常な光景をスンナリ普通に受け入れた。受け入れたことに戸惑いもあったが、深く考えるのは止めた越前さん(麻生久美子

人間界の言葉や道理など、全てに興味津々の6人。越前さんは仕事の日、自由行動も出来たが、越前さんの見える範囲に居ることを選ぶ6人。

コンクリートにチョークで落書きしたり、子ども達に誘われたサッカーや徒競走を体験した。すると越前さんが会社から飛び出していくのが見える。徒競走だと思い込んだ6人は追いかけ追い抜く😆


越前さんは百合子(薬師丸ひろ子)さんが町を出ていくのを、引き留めたくて走っていた。狭い街、百合子さんを捕まえた一同は...。

漫画を書き、漫画の世界を作ったから越前さんは6人から「神」と呼ばれ、越前さんが大好きな、原作を書いていた百合子さんは「神さまの神さま」と呼ばれていた。

原作に登場していたゆき姉は、百合子が漫画を書くことを辞めたことで、自分達を殺した人と認識していた。百合子さんは、ゆき姉に恨まれていると思い逃げ出したのだった...。


数日、ニュース番組を見ていた男性陣5人は戦争のシーンや檻。貧富の差などを学んだことをゆき姉に伝える。はらちゃんの言葉に、ゆき姉の心も動いた。和解した百合子とゆき姉。

その直後、ガラの悪い3人組に一方的な暴力を受ける。止めに入った越前さんに危害が及ぶと、はらちゃんは殴り返し我を忘れるほど相手を殴り続けた。越前さんが泣きながら制止してやっと我にかえる。


男性陣の手当てが終わると、理不尽に暴力を受けたことで1人、また1人と...。自分達の世界に帰りたいと言い出す。はらちゃんは涙を流し言葉をつまらせた...。

そんなはらちゃんを黙って見ていた越前さんは、ロッカーから漫画を書いていたノートを持って来る。

自分達は両想いだ。泣くなと、泣きじゃくるはらちゃんを真っ直ぐ見つめる越前さん。そして...。そっとノートを開くと、次々に漫画の姿になり実体は消えていく。最後のはらちゃんの実体が消えると、ノートの空欄に絵が戻った。

夕食の席で冴えない自分でごめんと母と弟に謝る。百合子が思い立って越前の家を訪ねたが、既に越前さんの姿は無く、部屋の真ん中にノートが一冊だけ落ちていた...。

それは、いったい何を表すことなのか⁉️

そして最終回へ続く...。

となる。
ここでは、あえて振れないでおこうと思う。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

派手さはないけど、心に染みる穏やかなドラマです。

何だか疲れて穏やかなものを求める時、このドラマと出会えたら良いですね🍀✨

自分と、世界と両思い。

簡単そうでいて難しい。

最終回も泣きました。


漫画のノートを閉じた越前さんの手が、凄くきれいで見とれてしまった。
毎日かまぼこ工場で働く工場長の手⁉️🤭(笑)


そう言えば麻生久美子さんのことを知ったのが、確かこのドラマだった。地味オーラが出ているけど綺麗な女優さんだな。と思ったのが初見だった。出演されている作品の中でトップ3に入る...このドラマ。視聴できて嬉しかった。

そして明日は目蓋が腫れるのだろう...😂まいったな。


今日も拝読をありがとうございました🍀🤗✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★