nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

インクレディブル・ハルク (吹)🌟エドワード・ノートン 主演の洋画を視聴しました🤩

インクレディブル・ハルク
(吹替版)
🌟洋画
🌟主演
🌟エドワード・ノートン

🌟2008年🌟112分

★出演者★
リブ・タイラー
ティム・ロス
ウィリアム・ハート ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

カルバー大学で爆発騒ぎ

研究室で謎の事故

緑色の怪物 目撃

実験装置 発見

目標 逃亡

兵器開発;承認

スターク・インダストリーズ

エリザベス・ロス博士

ニック・フェリー

協力者 ロス博士

逃亡 中止?

不明 5ヶ月...。


新聞の見出しに始まり、数々のキーワードを経て現在に至る...。ここはブラジルのホッシーニャ。肉体の変化を日々記録しているブルース・バナー(エドワード・ノートン)は今日で158日をカウント。


日々怯えながらもテレビから言葉を学び体を鍛え「何か」に備える...。感情や肉体のコントロール他怒りを押さえる心拍制御などを師匠に学び、スマートウォッチで常にモニタリングしている。よそ者は目立ち、生活の為に働いている環境は余り良いとは言えない。生き延びる術を絶えず模索していた。


真面目で頭が良く、ちょっとした修理も出来る。アルバイトから正社員への打診もある程、上司から目をかけられている。典型的なやっかみの対象で本人の意思とは関係のなく、荒くれ者達から反感をかっていた...。


そんなある日、工場で機械の損傷をメンテナンスし指先を切ってしまう。飛び散った血液の為に機械を停止させた。一滴探しだし拭った事でブルースは安心してしまったのだがコンベア上の瓶にも付着していたのだ。そのままアメリカへ出荷されてしまう...。


Mr.ブルー、ブルースにとっての唯一希望の存在。ブルースのハンドルネームはMr.グリーン。追っ手の目を掻い潜ってサイト内でやり取りをしていた。探し求めていた希望の花を手に入れたブルースは、期待を胸に早速薬品を調合した。だが...結果は失敗に終わる。Mr.ブルーに伝えると花を追うのは辞めて次の段階へ。血液サンプルが必要だといってきた。追い詰められていたブルースは危険過ぎる提案に躊躇しながらも血液サンプルを送った...。


一方追跡し続けていたロス将軍の元にガンマ線汚染の可能性のある男性がミルウォーキーで発見されたと報告が上がる。汚染原因はガラナソーダ...。即座に製造工場へ部隊派遣の要請が出た。精鋭部隊が召集され凄腕のエミルブロンスキーもイギリス海兵隊から投入された。そして自らも指揮をとるべく同行する。


軍事機密を盗んだ逃亡犯。複数の命を奪った殺戮者であり、眠らせて捕獲する作戦が伝達された。現場に到着した部隊は、町中の犬さえ眠らせるほど密かにブルースへ迫る。室内をモニタリングするカメラを愛犬が防御😆その隙に逃走したブルースは「ヤマカシ」のように飛び回り間一髪ですり抜けていく。だが、行く手には工場の荒くれ者達...。双方から追われ工場へ逃げ込んだブルースの心拍は急上昇中。とうとう荒くれ者に追い詰められついに...。


工場を包囲していた部隊の1人がセンサーカメラに捉えていた。そこに映る信じられない光景を目の当たりにし驚愕する。変身してしまっては、もう本人にも制止できない。どんなに銃弾を打ち込まれようとびくともしない最強の怪物。ひと度睨まれようものなら敏腕のエミルブロンスキーでさえ動けなくなる。工場のコンベアでさえオモチャのように投げまくり壁をぶち破って外へ飛び出した。


ブルースを取り逃がした部隊は、目を疑うような光景をロス将軍に報告した。ブルースが抱えていた荷物を押収し、中からベティが写った記事の切り抜きが出てきたが、ロス将軍が何故か処分した。興奮冷めやらぬエミルブロンスキーはロス将軍に噛みつくが、逆にねじ伏せられてしまう。


グアテマラの水辺で気が付いたブルースはボロボロのズボン一枚の出で立ち。人間の姿に戻っていた。通りがかったトラックに助けを求め町まで出る。なんとか服を手に入れ歩きだすが、家までの道のりは遠い。


エミルブロンスキーはロス将軍の元に残りブルースとの再戦のチャンスを狙うことにした。やる気を買ったロス将軍はブルースの情報を詳細に話す。ブロンスキーは国家の機密情報と、ロス将軍は血清を開発したとトップシークレットを知った。現在39歳、それでも現役の兵士であることに拘り無敵の兵士を望む。2人の野望が動き出す...。


その頃ブルースはバージニア州の大学まで辿り着いていた。生物科学研究棟のエリザベス・ロス博士=ベティ(リブ・タイラー)の元へ。遠目に見た彼女に込み上げる気持ちを抑えた。昔の知人を頼って身を寄せた先で、ベティが優秀な精神科医と順調に交際中だと聞いて複雑な表情を浮かべた。


全てが始まった研究所に入り込み、研究データを探したが見つからず落胆して知人の元へ戻ると、なんとそこにベティが...。一度は姿を消したのだが、知人がベティを不憫に想い、結局ベティに見つかってしまう。そこで失っていた2人の時間を取り戻そうとするが...。


それぞれの関係性が浮き彫りになり、新たなキーパーソンが登場し壮大な事態に
なっていく。ブルースにとっての結末はいかに⁉️

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

サイズ感、スピード感共に最大で迫力があり、スリルにドキドキワクワク😍しました。ロマンスも悲恋も絆も愛情も...色々と込み混み😂超お得(笑)


激しいアクションが印象に残り、カップルのその後を見てみたかったー😆大人の事情で主役が交代することになったのは非常に残念ではありますが、どちらの俳優にも個性があり魅力があるので、どっちもあり!


それにしてもヒロインが存在感あって素敵でした😍登場した途端「アルマゲドン」が脳裏に浮かび「ロード・オブ・ザ・リング」が次に浮かんだ😂イメージが出来上がってしまっている部分もあるのかと思いましたが、芯の強い女性像は健在でした🤓

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

アルマゲドン」が観たくなりました🤭


今日も拝読をありがとうございました🍀✨🤗

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★