nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

フォルトゥナの瞳✈️👁️💝邦画を視聴🎥キャスト=神木隆之介さん、有村架純さん、志尊淳さん、DAIGOさん。ほか...

フォルトゥナの瞳
✈️👁️💝邦画を視聴🎥
キャスト=神木隆之介さん、有村架純さん、志尊淳さん、DAIGOさん。ほか...

★2019年🌟110分

★共演者★
松井愛
北村有起哉
斉藤由貴
時任三郎
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

原作小説家=百田尚樹
2015年に刊行
2019年に映画化

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

幼い頃家族で乗っていた飛行機が墜落し、気が付くと、目の前にあった車のおもちゃを手にして立ち上がると、周辺は悲惨な光景が広がっていた。飛行機の残骸と瓦礫の中に、まだマバラに微かに意識のある人が数人見える。理解が追い付かない状態で立ち尽くす少年=木山慎一郎(神木隆之介


フォルトゥナの瞳

...運命の女神...。

死を目前にした人が
透けて見えるという...。

運命が見える奇妙な力。


~~~~~~~~~~

10年後...。

慎一郎は飛行機事故で家族を失い、友達もなく車の工場で仕事一筋の生活をしている。ある日、社長の遠藤(時任三郎)から2号店を任せたいと打診があった。浮かない顔で工場へ戻ると、先輩の金田(志尊淳)が高笑いしている。その言動は小学生並みで、誰もが分かるヤッカミの嫌がらせである。


事務を手伝う遠藤の妻、美津子(斉藤由貴)は、腕の良さだけなら金田と同等な為「何故慎一郎なのか?」と問うと社長なりの配慮からだった...。時間を埋める為だけに仕事をしているように見えると心配もしている...。


金田との小競り合いで携帯の画面が割れてしまい、帰宅途中にショップへ寄る。声をかけてきた店員=桐生 葵(有村架純)は古いガラケーを見て、修理は難しいが簡単な応急処置をしてくれた。内緒だと言い無料で...その遣り取りが何だか心地よく、優しい時間を過ごせた事で気分転換になる。


出勤する電車の中で、体の一部が透けて見える人に出くわし目を疑う。見間違いだと思い込もうとしていたが、夜になっても見える。真相が知りたくて、その人の後をついていくと...。目の前で車に跳ねられて即死状態。一瞬の出来事で衝撃的なシーンを目の当たりにし、あの墜落現場を思い出す。そして「たすけて...」と少女の声が...。


その日、奇妙な力に気付いてしまってから、たびたび事故の幻想をみるようになった。「死が迫る人が透けて見えている」事にも気付く...。何故突然そんな力が...自問自答し答えが見いだせずに苦悩する日々。


いよいよ携帯の調子が悪くなり、再び葵の対応席へ。選ぶのが苦手な慎一郎の手伝いをしてくれると聞き、笑顔で携帯を手渡そうとした時、葵の手が...。息が止まりそうなほど驚き、ショップを飛び出してしまう。だが、踏み留まり引き返し、葵に大事な話があると伝えた。交通事故に遭遇した日の事を思い出し、後悔したくないと思ったのか...漠然とした思考の中、駅前のカフェで待つ。


カフェに入ってきた完全体の葵を見て一気に緊張がほぐれた。まだ謎だらけだが、どうやら危険は回避できたらしい。葵は...慎一郎の奇妙な行動の意図を問い、信じられない話をちゃんと受け止める。我に返った慎一郎は、奇妙な言動を詫びて一目散にカフェを出た。


まだ窓ガラス越しに葵が見える位置で、突如激しい心臓の痛みにうずくまる。痛みは長く続かなかった為、大事には考えなかった。ただ、葵を救えた事が嬉しくて自然に笑みがこぼれる。そして翌朝、社長の前に立つ慎一郎の顔は、今までとは違った面構えになっていた...。


2号店が落ち着き始めた頃、突然葵が訪ねてきて飛び上がるほど驚く。お礼を言いにきたという葵を事務スペースへ案内すると...。新聞の切り抜きを出し、あの日普通に帰宅していたら、自分が丁度出くわす時間だったと...。とても真剣な表情で、かしこまったお礼を伝えられ、戸惑って挙動不審になってしまった。


翌日には、勘の良い美津子に葵の存在がバレる。ついでに...自分の運命は予め決まっていて変えられないモノなんだと思っていたと、話を切り出してみると...。人間は毎日9000回色んな事を選択して生きているのだから、運命です!なんて言われたくないと返された。このやり取りでさえ、慎一郎の日常が動き出した変化のひとつ。社長も喜ぶ事だろう。


ある日、本店に出向くと何やら騒がしく...社長がその場で金田をクビにした。仕事上許されない事をして、事実が公になり、悪びれた様子もなく逆ギレの金田。この後何を仕出かすか想像がつく。慎一郎は恩人をも助ける事に...。そして例の激痛に、だが社長の透明化は防げ安堵すると今度は意識を失ってしまった。


後日、社長を庇い金属バットで殴られた所や心臓関連のレントゲンにも問題なかった。しかし黒川医師(北村有起哉)の意味深な表情が気になる...。理由は病院を出る前に解った。そして「フォルトゥナの瞳」についても...いくつかの助言と共に...。


自分なりに状況を整理すると...急に見え始めた!というよりは、意識しなかったから気付かなかった!以前から見えていたのかもしれないと言う事。運命を変えてしまった2人と関わり続け、確実に自身の心臓に負担がかかっている現実。そして次に運命を変えたら命を失う事...。


把握するまでには色んな経験をした。中でも横柄な態度の顧客が透明化したが何もしなかった事で葬儀会場で罪悪感に苛まれた事は...それまでの葵との穏やかな日々をも上回る闇に覆われてしまう...。


金田との和解と友情関係にもにた絆や、親代わりの遠藤夫妻の事など...唯一自分の周囲に居続けてくれた大事な人達の事も見失ってしまう...。ささくれだった心が向かう未来とは⁉️運命さえ感じていた葵との出会いは、どんな結末を向かえるのだろうか...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

始めから淡々と描かれていた物語に、色んなスパイスが加わった事で展開され、衝撃のラストへ...。泣けました😭感動とは少し違ったニュアンスを感じましたが、余韻の残るラストでした。


終始伏線が張られていた事に気付いてからは、2度観する事で、より深く味わえた気がしています。もちろん打ち合わせがあったのだろうと思いますが、小説から汲み取って映像にした背景や表情、心情に至るまで、見える化されていた所に一興を感じました😍


神木隆之介さんに関しては、スポーツマンシップ系やアクションシーン多めに、テンション高めな印象だった為、恋人間の柔らかさの表現が見れて新鮮でした。


有村架純さんに至っては、自分の感情を全て閉じ込めて更に相手の苦悩を受け止める。マシュマロのような弾力感(例えが微妙過ぎ⁉️😂)が表現されていて驚きました。少女から女性になったのだな...と感慨深い思いが込み上げます。「あぁ...だからあの表情なのね...」みたいな場面が随所に...これは監督の力⁉️個人の演技力⁉️またもや無限ループしそうです😆

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

良い夢を...。
🍀✨✨

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟★