nyanko観た映画たち🎬️タイトル保管

時々アニメやドラマ他視聴 🍀✨🤗

天使のくれた時間(吹)😪⏳️👨‍👩‍👧‍👦外国映画を視聴🎦キャスト=ニコラス・ケイジ、ティア・レオーニ。ほか...

天使のくれた時間
(吹替版)
😪⏳️👨‍👩‍👧‍👦外国映画を視聴🎦
キャスト=ニコラス・ケイジティア・レオーニ。ほか...

★2000年🌟126分

★出演者★
🌟役名
役者名(声優名)

🌟ジャック・キャンベル
ニコラス・ケイジ
大塚明夫

🌟ケイト・レイノルズ
ティア・レオーニ
田中敦子

🌟キャッシュ・マネー
ドン・チードル
高木渉

🌟アーニー
ジェレミー・ピヴェン
坂東尚樹

🌟アニー・キャンベル
マッケンジー・ヴェガ
川田妙子

🌟アラン・ミンツ
ソウル・ルビネック
(神谷和夫)

🌟ピーター・ラシッター
ジョセフ・ソマー
北村弘一
ほか

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
はじめに...
ザ・ロック」か🤔「ナショナルトレジャー」を視聴したいと思い立つが残念ながら叶わず...。ニコラス・ケイジ作品で視聴可能な映画を探して辿り着く...。


ハデなアクションは封印し、落ち着いた年齢層の人生の向き合い方⁉️的な印象を受けた。全盛期のニコラスファンには少々物足りなさが残る可能性大。精神的に大人な作品で、シッポリとした夜に似合うのかもしれない...。
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
...物語は...
勝ち組の勝利者として優雅で豪華な暮らしをしていたジャック(ニコラス・ケイジ)が偶然の出会いから思わぬ体験をする事になる...。


2000年、ジャックはニューヨークのウォール街で、大手金融会社の社長として悠々自適な生活を送り、女性にも困らず独身生活を満喫していた。


企業合併の会議の為、華やかなクリスマスの予定をキャンセルし、イヴに幹部を招集するハメに合い...終われば1人孤独なクリスマスイヴ。


立ちよったお店で会計トラブルに遭遇する。興奮した客が物騒な物を取り出し緊張感が走る。ジャックは仕事での得意分野に持ち込み、交渉を始めた。ジャックの機転で、その場は大事にならず無難に納める。


この行いが、幸か不幸かジャックの今後の人生を揺るがす騒動に展開していくのだ。その怪しい男はキャッシュといい、別れ際に意味深な台詞を残すが...ジャックは気に止めず豪華な高層マンションへ帰宅すると眠りにつく...。


翌朝、目覚めると何か違和感が...。物凄く庶民的な見覚えの無い部屋。隣には別れた恋人が...😱更に長女と長男に恵まれ2児の父親になっていた。13年前に別れたハズのケイト(ティア・レオーニ)と結婚した人生が広がっていた。


理解に苦しみながら高層マンションやウォール街のオフィスへ行ってみるが、自分の痕跡だけが消えてしまっていた😱途方にくれるジャックの前に再び現れたキャッシュは、謎の助言を残し立ち去ってしまう。


不思議な力を持つキャッシュの言葉の意味を求めて奮闘し始めるジャックだったが...。


事は13年前...。ジャックは自分のインスピレーションを信じて...当時恋人であったケイトの反対を振りきり研修の為にロンドンへと旅だった。そして2人は破局してしまう...。


ここは「もしもあの時...」の世界。海外研修を辞退しケイトとの結婚を選択していたなら...。ジャックの中で望んでいた未来であったのか、自身でもよく分からず...ただただこの世界の自分に失望していく...。


郊外の家をローンで購入し、標準より低めのカツカツな生活。仕事はタイヤ店の営業で社会的に底辺として見下されがち。


誰も成功していたジャックを知らない中、何故か長女だけは、本当のパパでないと分かっている。彼女の冷静な突っ込みは、全くの異世界に放り込まれたジャックの唯一のアドバイザーとなっていく。


ジャックはことごとく反論していくが色んなプライドを奪われ、ついに不満がキャパを越えてしまう。怒りをケイトにぶつけたり、開き直って裏切り行為に傾きかけるが周囲のブレーキに踏み留まる。


ケイトの「器量良し」を感じ積極的にこの世界を生き始める。だが、根本的にケイトの気持ちを理解していなかった為、勘違いは深い溝を生んでしまった。それでも包み込もうとするケイトの心に触れ、ジャックの中での価値観が変わっていくのだが、タイムリミットが⁉️...。

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★

間延びした感じは無く、テンポ良く展開していくので、あっという間にエンドロール!といった感じでした。夫婦ならではの「あるある」は共感する場面もあるはず🤭


掛け替えの無い大切な時間にはいつもタイムリミットがついて回る⁉️...。タイトルから想像して、死へのカウントダウン系かと思いきや...嬉しい裏切りでした😆



ニコラス・ケイジ自身の結婚歴は相当賑やか。腹違いの3人の父親であり孫も誕生したと聞きます。あらゆるタイプの夫婦のシチュエーションを体感してきたハズ🤭その先入観が頭の隅にあり、何度となく突っ込みを入れながらの視聴は、一風変わった楽しみ方が出来ました😂


トム・クルーズのようなアクションとは違い、ニコラス・ケイジのアクションはパニックアクションやタイムアタック系といったイメージが強く、次はハラハラ系にしよう!と思っています😆

★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★
最後まで読んでくださり、ありがとうございました
🍀✨🤗✨
★🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟🌟★